【南アフリカ編】 疑心暗鬼のワールドミステリーツアー 6話目

 

前回を見ていない方はこちらから

→ 5話目

 

前回のあらすじ。

 

テーブルマウンテンで 知らない人に声を掛けられたと思いきや

まさかのタイに住んでいた時に出会った家族。

 

子供をお互い預け合いながら 旅先ながら自由な時間を作る事が出来た。

 

しかし我々は 今後起こるだろう厳しい戦いに備え

静かに療養する事に。

 

本日は一体どんな仕打ちをされるのやら・・・。

 

嵐の前の静けさ

 

前回の家族の子供2人を預かり

4人子供を引き連れて子供の遊び場へ。

 

 

写真がほぼ消えちゃっていたのですが、

かなーり広い柵ありの公園型テーマパーク。

 

水あり、車あり、室内あり、ミニバンジーあり、

親が見て無くても放置OK、皆が勝手に遊んでいる、そんな場所。

 

これで一日1000円ぐらいなんだから

めちゃくちゃ安いもんですわ。

 

いやはや、 それにしても子供が4人もいると大変かと思いきや

皆一緒に遊んでくれるのでこっちとしては逆に楽。

 

ここでのほほんと休憩して・・・とはいかず。

 

そう。

 

我々には決断を下さなければならない重要な話が一つあるのです。

円卓会議(2人)

 

子ども達を放牧している間、

緊急円卓会議(2人)を開催しまして。

 

議題は

 

 

「旅の継続について」

 

 

現在の状況を再確認すると

超巨大滑り台で負ったあの時の傷、

実は良くなる所か日に日に悪くなっていたり。

 

僕は左中指がガンガン腫れて連日疼き悶え

嫁は四六時中肩と膝を抑えながら若干の歩行困難気味。

(血は止まったけど青黒くなってる)

 

そもそも絶対に動かしてはいけなかったりするのですが

旅なので移動もあるわ、重いものも運ぶわ、子供も抱っこしなくちゃならないわで

指だったり身体を使わざるを得ないワケですよ。

 

例えば

タクシーでベビーカーを畳んだり開いたりする時に指をはさみ

 

 

「ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

 

となったり、

嫁はエレベーターのドアに肩を挟まれ

 

 

「ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

 

 

そんな軽めのアクシデントも重なったりで

もう至る所でパパス地獄。

 

とにもかくにも怪我がよくなる気配が一向に見えず、

日に日に悪化を辿っていたワケでございます。

どスケベ根性

 

昔の話になりますが

ヨーロッパを旅した時にフランスの水に当たってしまい、

3日もすれば治ると思いきや下痢・嘔吐・頭痛・発熱が続き。

 

嫁が良かれと思って買ってきた海外製の薬を飲んでは

毎回鼻血が吹き荒れるという末期状態へ。

(今思うとこれが原因で長引いたのでは・・・?)

 

このクッソ状態が悪いまま、

フランス・アンドラ・スペイン・ポルトガル周辺を1ヶ月半旅した事があり、

その時の記憶はゲロゲロ吐いていた事以外にほとんど記憶がございません。

(この状態で連れ回すのは流石に鬼だと思った)

 

恐らくこれが人生史上一番きついワールドミステリーツアーだったのですが

それに比べれば今回のような物理的な怪我ぐらいは大した事はありません。

 

・・・大した事はないのですが

これは2人で自由に出来たり、1人が万全の体制だったからこそ。

 

今は状況違い、

2人共万全な体制ではない事、自由に休めない事、 安全に旅を続けなければならない事、

様々な点で昔とは旅のレベルが違っていたり。

(小さな子どもがいるとグッとレベルが上がります)

 

そういった点も踏まえて

これまでがウォーミングアップで

今後厳しさを増す予定なら今回無理して動く事は果たして得策と言えようか?

 

だから

 

 

「今回は途中リタイアしよう」

 

 

表面は嫁の傷の心配と家族の無事を考えての熱い説得、

裏面は

 

 

「絶対今後きついイベントくるから今帰らんとっ!

今ある怪我を最大限に使わねばっ!」

 

 

さぁそんな家族を思う熱い説得に嫁が心打ちひしがれるのか

僕のどスケベ根性が簡単に見破られてしまうのか、

果たして・・・。

嫁の決断はいかに・・・。

 

嫁 「・・・うむ。」

 

 

こ「いや、ホントわかるわかる、わかるけど・・・

って・・・え?マジ!?リタイアすんの!?

やった・・・ぁ、残念だよね、ホント、うんうん、残念だなぁ。」

 

 

割とあっさりでこっちもビビる。

 

僕だけが傷や体調が悪いのならば旅は続行だった事でしょう。

 

しかし、 今回は嫁もいくばくか傷ついていた事、

そして僕の熱い説得が心に響いたのだろうか。

 

 

「ワールドミステリーツアー初の途中リタイア決定」

 

 

いやはや無念無念。(ケケケ)

 

といっても

前半はやばい匂いしかしなかったのですが結果的には

普通に観光して・子供遊ばせて・美味いモノ食って・飲んだだけ。

 

これから絶望を味あわせてやるぜ・・・という所からのリタイアなので

タイミングとしてはバッチリでございましたっ!

 

その後は嫁の決定が覆らないように

そそくさとPCR検査を受け翌日には飛行機に乗り、

僅か10日間という短い期間にて暗黒大陸は終幕となりましたm(_ _)m

 

めでたしめでたし。

 

・・・いやぁ。

 

 

「落ちがよえーぞ!!!」

「もっと苦しむ姿を見せろっ!!!」

「ライオンに噛じられるぐらいが丁度いいで?」

 

 

などなど、

皆様からの非難轟々の嵐は簡単にイメージできちゃうワケですが。

(うるせぇええぇぇぇぇえええ!!!!)

 

しかし、

その点はどうか紳士淑女の皆様ご安心くださいませ。

 

実はあの時、

ボソッと出ていた嫁の一言を聞いてしまっているんですよ。

 

 

「我、皐月(5月)までに再び向う也」

 

 

どスケベ根性あっさりとバレる。

 

次回のことら家ワールドミステリーツアー(確定)にご期待ください((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

後日談

 

僕たちが南アフリカのケープタウンから無事戻ったのが、

大体2022年の11月頃。

 

そして

11月中旬に南アフリカにオミクロン株到来で結果的に

 

 

「南アフリカから飛行機が飛ばなくなった」

 

 

そう。

 

もしもあの時帰らなかったら 南アフリカからの飛行機が1ヶ月ぐらい出ず、

暗黒大陸に閉じ込められていたワケですな。

 

いやはや危機一髪で脱出(苦笑)

 

ちなみに

ことら家が国を跨ぐ度に何かしら発生する確率が高く

 

・ フランスから出た次の日にエッフェル塔近辺で爆弾テロ発生

・ タイから出た3日後に毎日通る道にて爆弾テロ発生

・ スリランカから出た1週間後に爆弾テロ発生

・ ギリシャから出た当日に爆弾テロ発生

・ 熱海から離れた1週間後に土砂崩れ(泊まってた家が流されてた)

 

などなど。

 

とにかく爆破率が高い為、

周りからはこんな称号をつけられました。

 

 

「国跨ぎの爆弾魔(クロッシング・カントリー・ボマー)」

 

 

不名誉すぎる。

次回最終話

 

次回は南アフリカ編の最終話。

 

南アフリカ(ケープタウン周辺)に行きたい人用のまとめを書いて

今回の短期シリーズを締めたいと思います。

 

正直今回のシリーズを書いていて思ったのですが

ワールドミステリーツアーをメインに記事を書くと

タダの家族の日記になるだけだなと(苦笑)

 

やはりメルマガで前枠程度に出すぐらいが丁度良いなと再確認。

 

というワケでして

旅の話が聞きたい!他の話も聞きたい!という、

ちょっと変わった紳士淑女の皆様方はメルマガにご登録いただき、

いつ届くかわからないメルマガをお待ちくださいませm(_ _)m

 

続きの記事を読む>

—————————————————————————————————————

世界中に拉致られて愚痴をこぼす、しょうもない内容から
世界中のドコを探しても出てこないような裏情報まで。

とにかく一握りの変わった紳士淑女の方々には喜んで頂けている

 
『裏メルマガ』

 
もしも読んでみたい!

という変わり者の方がいましたら
この下にあるメルマガ登録フォームより登録してくださいましm(_ _)m

 
※ 申込み後、登録完了通知(自動返信)が届かない場合は
メールアドレスが間違っている可能性がありますのでご注意くださいね。