バンコク コンドミニアム賃貸&物件 現地価格マップ

 

 

 

受付にバンコクのコンドミニアムマップがあったので

スキャンしてみました。

 

 

バンコク コンドミニアムマップ

 

 

気になる方は2枚表示させながら拡大して見てください↓

 

 

Scan Scan 1

 

 

左のマップの見方

 

建物に①と書いてあれば

右のマップの①がそのコンドミニアムの賃貸・購入価格になります。

 

右のマップの見方

 

Sq.m ; ㎡(平方メートル)

Bed ; ベッドルームの数

Bath ; バスルームの数(湯船がない事が多い)

Rent/Month ; 月額家賃

ReSale ; 購入価格

K ; 1K = 1000バーツ = 現在の日本円で3500円

MB ; 1MB = 100万バーツ = 現在の日本円で約350万円

 

 

このマップを見るとやはりスクンビット周辺は高いですね〜。

(スクンビットは日本人の駐在員が固まっている地区です)

 

 

さすがタイの港区。

 

 

相場も港区のタワマンより若干安いぐらい。

 

 

まぁ駐在員以外がスクンビットに住む理由なんて

ほとんど無いので住むだけなら他の地域の方がコスパは遥かに良いですよ。

 

 

個人的におすすめなのは

何でも揃っていて交通の便もある程度良いラチャダー地区です。

 

 

 

バンコク コンドミニアムの価格に関して

 

 

ちなみにマップに書いてある金額はあくまで参考価格。

 

 

ここからオーナーや仲介会社との交渉でいくらか下がる事があったり

色々と特典をつけてくれたりします。

 

 

何も交渉しないとそのままなので是非交渉してみてください。

 

 

ちなみに僕の場合だと

有名なタイ人デザイナーがオーナーの物件があったのですが

そのオーナー曰く

 

 

「別に大した利益にもならないし、

日本人ならいくらで貸してもいいよ?」

 

 

と言っていたそうな。

 

 

タイでは親日派が多く日本人の方は大歓迎で

逆に絶対に嫌なのは中国人・韓国人・インド人との事。

 

 

中国人・韓国人はまぁ何となく想像がつきますが、

インド人は周りに迷惑は掛けないようですが

香辛料使いまくりで家の匂いが取れなくなるとか(苦笑)

 

 

とりあえずすぐに仲介業者を通して

無茶振りの半額で提示してみたら即OK(笑)

 

 

あまりにもあっさりで不安に思って

他の業者に相場を聞いたのですが

どの業者もその部屋に関しては倍ぐらいの価格を提示していたので一安心。

 

 

やはり本物のタイのお金持ちは違うのぅ・・・。

 

 

その他にも新品の家具一式とリフォームもしてもらったので

至れりつくせりだったり。

 

 

そうそう内覧を何件か行ったのですが

ほとんど海外オーナーの持ち物で

仲介業者曰く売却や賃貸に激困りとの事。

(それを僕に言っちゃ駄目だと思うのですが笑)

 

 

タイの物件が今熱い!

と踊らされて購入して塩漬けされている方が多くなってるっぽいですね。

 

 

換金しづらいデカイ買い物ってのは怖いもんです。

 

 

こういった事情もあるので相手の懐事情とタイミングさえ重なれば

賃貸や購入は強気でゴリ押し交渉でもいけそうな所がありそうです。

 

 

それで駄目と言われればキッパリ引けばいいだけですしね。

 

 

 

 

バンコク コンドミニアム その他情報

 

 

今住んでいるコンドミニアムのサービスなので参考までに。

 

 

受付か監視員に言えばタクシーを無線で呼んでもらえる(別料金なし)

ホテル併設のコンドミニアムならばホテルのデリバリーも頼める

物が壊れたら24時間修理するスタッフが常駐している(直るとは言ってない)

不在時に常駐スタッフが荷物を受け取ってくれる場合もある

大抵はプールとフィットネスが完備されている

賃貸だと住む前にクリーニング+家具一式がおかれている場合がほとんど

 

 

 

ざっとこんな所でしょうか。

 

 

この中で一番使っているサービスはタクシーを呼んで貰うヤツですが

初乗り35バーツ(約100円)で別途料金なしなのでめちゃくちゃ使ってます。

 

 

バンコクではタクシーが異常に安いので

車を購入する意味がほとんどありません。

 

 

なんたって1時間乗っても1000円超えませんしねぇ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!