2019年10月頃。

 

それはまだ僕がタイに住んで

いつものようにベッドでぐぅたらしていた時の出来事である。

 

ドアの隙間からランランと目を輝かせながら

そっと浴びせられた一言。

 

 

「我、ドバイに城を構える也」

 

 

全てを破壊する者こと

嫁から放たれる無慈悲な一言に

瞬間、頭が真っ白に。

 

 

「・・・ん?おいぃいぃぃぃぃぃぃぃ!!!」

 

 

せっかく高いお金だして

タイランドエリートカード買って

過ごしやすい環境も整えて

タイの知合いも少しずつ増えて

これからタイに遊びに来る人もいるのに

 

 

何勝手な事ぬかしとんじゃこいつぁあああ!!!!

※ タイに住みたいと言い出したのは嫁

 

 

さすがの真面目・勤勉・可愛くて温厚で名高いこの僕でも

ここは夫の威厳を見せるべくビシッと言わなアカンなと。

 

だから言ってやりましたよ。

 

 

「・・・Yes,Your Majesty・・・。(仰せのままに・・・)」

 

 

っぐぬぬぬぬ・・・。

 

 

「もっと抵抗したらええやんけっ!」

 

「無抵抗主義かよ!」

 

「ガンジーもブチギレるレベルやんけっ!」

 

 

そう思った方もいるかとは思いますが

そこは天才軍師・孔明の生まれ変わりこと嫁。

 

最初から全ての逃げ道を封鎖する準備を

入念に行ってから話を持ってくるんですよ。

 

 

「~~っていう問題点があるからさぁ」

 

 

といえば

 

 

「これはこうである」

 

「いや、こういった事も考えられるじゃん?」

 

「それもこうである」

 

 

将棋で言えばまさに

「詰み」という状態を最初から作り出しているのです。

 

だから経験上

嫁が本気で言っていると感じたならば

 

 

(ぁ、これ逆らうだけ無駄なやつや)

 

 

と本能で感じてしまい

結果的にその通りになってしまうのなら

抵抗するよりもその目的の為に動いてしまった方が良い、

というのが経験則。

 

 

これこそまさに

株・FXで言う損切りの極意ですよ、奥さん。

 

 

いやぁ。

世の尻に引かれている旦那様方々。

 

共に強く生きましょう・・・!

 

 

・・・はい。

 

前置きが長くなってしまいましたが

そんなワケでしてワタクシことら。

 

 

「2020年、砂漠の民となります(´;ω;`)」

 

 

次回から不本意ながら

ドバイ移住編のスタートです・・・。

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!