海外法人設立までの道のり その2 実際に掛かる費用編

 

 

↑の画像はまたまたアイスランドで撮った、

レイキャビクの街にそびえ立つ教会の中です。

 

 

他の国の教会のようにステンドグラスなどの

ド派手さはないのですが、

こういったシンプルな感じの教会も乙なものですね。

 

 

さて前回の記事では、

海外法人の6つの注意点を紹介しました。

 

 

海外法人設立についての6つの注意点

 

 

海外法人設立に興味がある方は

必ず前回の記事を読む事をオススメしますよ!

 

 

さてさて、今回は前回に引き続き、

海外法人の費用や維持費用についてを紹介していきますね。

 

 

 

・・・その前に。

 

 

基本的に香港やパナマ・BVI・セーシェル・ドバイ・・・などなど、

オフショア地域に限りどこの国の法人でも

設立費用や維持費や使い勝手はほとんど変わりません。

 

 

ただしBVIやセーシェルなどのオフショアで有名な地域は、

法人口座開設の審査が最近通らなくなってきています。

 

 

一生懸命法人設立を頑張っても

海外口座が作れなくて振り出しに戻るなんて事も・・・。

 

 

その為、

法人設立する前に最近の事情をエージェントに必ず確認しましょう!

 

 

基本的に法人設立をした後に

法人口座開設が出来なくても返金などはない事が多いので

その辺は気をつけてくださいね。

 

 

海外法人設立&口座開設 初回に掛かる費用

 

 

申請書類作成費用  50,000円

印紙税等     30,000円

会計士事務所会社秘書年間契約 30,000円

商業登録証   30,000円

貸し住所  30,000円

年間サポート費用 150,000円

法人口座開設同行通訳費用 15,000円

渡航費 60,000円(香港の場合)

 

 

合計: ざっくり約400.000円

 

 

 

海外法人設立 毎年の固定費

 

 

会計士事務所 年間契約料 20,000円

更新登記印紙税 1,500円

商業登記証 30,000円

貸し住所 30,000円

年間手数料 150,000円

 

 

合計: ざっくり約200,000円

 

 

海外法人設立関連 合計費用

 

 

初年度合計費用 ざっくり約400.000円

 

翌年合計費用 ざっくり約200,000円

 

 

となります。

 

 

もちろんオプションに、

ノミニー(名義貸し人を使う場合)

バーチャルオフィス(仮実態を作る場合)

秘書レンタル(電話が掛かってきたら取り次いでくれるサービス)

などなど、用途に応じて必要であれば

その分オプション費用が掛かります。

 

 

とりあえず僕が使っているような

エージェントの費用はこんな感じです。

 

 

正直エージェントを使わずとも

自分自身で海外法人設立申請をして

法人口座を自力で開設する事も可能です。

 

 

昔は自分で全部やってたのですが

自分でやると初回費用も維持費も大体半額以下ぐらいで済みます。

 

 

ただ色々と英語でのやり取りも面倒ですし、

リアルタイムな情報もはいりませんし、

書類を綺麗に整頓するのも面倒で

全部ぶん投げで日本語対応のエージェントに任せるようになりました(笑)

 

 

 

慣れてない方の場合はケチらず

絶対日本語対応のエージェントを選ぶべきですよ!

 

 

色々と話しを聞くことでネタにもなりますので。

 

 

結構海外系のネタってウケがいいんですよ(笑)

 

 

さて、次回は法人設立の流れとなりますのでお楽しみに!

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!