タイに移住する為の3つの選択肢 その5 まとめ 

 

 

今回はタイのビザについてまとめていきましょう。

 

 

投資家ビザ  定期預金又はコンドミニアム購入代金が合計1000万バーツ以上(約3500万円)

ワークパーミット(ビジネスビザ)  要タイ法人設立&オフィス契約

エリートカード   50万バーツ〜200万バーツ(175万〜700万円)を支払う事により5年間のビザ発行(その他特別なサービスあり)

 

 

上記3つのビザに絞って調査したまとめです。

 

 

タイ ビザ関連記事のまとめ

 

 

タイに移住する為の3つの選択肢 その1 どのビザを取得するか

タイに移住する為の3つの選択肢 その2 投資家ビザを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その3 ワークパーミットを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その4 タイランド エリートカードを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その5 まとめ

 

 

タイ ビザ取得のまとめ

 

 

※ エリートカードは個人会員・ファミリー会員は除外して、

最低ランクのイージーアクセス会員で話を進めていきます。

 

 

必要資金(左にある程大きなお金が必要)

 

 

投資家ビザ(3500万円〜) >>>> ワークパーミット(800万円〜) >> エリートカード(175万円〜) 

 

 

最低でも50万バーツ(175万円)用意できないと駄目という事です。

 

 

 

費用(左にある程大きな費用)

 

 

エリートカード(175万円)  ワークパーミット(初年度100万円 翌年から60万円) >>> 投資家ビザ(特になし)

 

 

投資家ビザの場合、

コンドミニアムや定期預金は資産になる為費用は0とする。(運用結果次第と細かな申請に費用が掛かるぐらい)

 

エリートカード(イージーアクセス会員)は

一人で5年間お試しに暮らしてみるならアリ。

 

二人で2,3年暮らす程度なら

ワークパーミットを取得した方が

手間はかかりますが安上がりになります。

 

 

取得期間(左にある程遅い)

 

 

投資家ビザ(1ヶ月程)  ワークパーミット(一ヶ月程) >>>>> エリートカード(最短1週間)

 

 

エリートカードが圧倒的に早い。

 

投資家ビザやワークパーミットなどは、

物件の内覧、手続き、面談・・・などなどしているとこれ以上に時間が掛かります。

 

 

ビザ期間(左にある程短い)

 

 

投資家ビザ(1年)  ワークパーミット(1年) >>>>> エリートカード(5年間)

 

 

投資家ビザ、ワークパーミットは1年毎に更新する事ができるが、

エリートカードは5年以降だとアップグレードをしないと更新出来ません。

 

 

取得手間(左にある程大変)

 

 

ワークパーミット >>>> 投資家ビザ >> エリートカード

 

 

ワークパーミットの場合、

オフィス契約やタイ人株主・タイ人従業員など

タイ法人を設立するだけで手間が掛かります。

 

 

逆に投資家ビザであれば物件購入か

定期預金さえしてしまえば良いですし、

エリートカードはお金を払えば良いだけなので簡単です。

 

 

 

まとめ

 

 

コンドミニアムを購入する予定や、

タイバーツでの運用をしたい方は

投資家ビザ。

 

 

ビジネス目的で永住権狙い

又は2人で数年程度いるぐらいなら、

ワークパーミット。

 

 

1人で気軽に長期間住んでみたり、

手間をかけたくない場合はエリートカード。

 

 

どのようにタイで暮らしたいかのスタイルはそれぞれ違うので、

十人十色になるんでしょうね。

 

 

今回僕はワークパーミットで進めていきますので、

取得までの記事をこれからあげていく予定です。

 

 

何か参考になれば!

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!