【南アフリカ編】 疑心暗鬼のワールドミステリーツアー 1話目

 

年末に近づいてくると

 

 

「もう年超えちゃうよ?大丈夫?」

「今年はどんなネタぶちこんでくるか楽しみやで?」

「はよ!はよっ!!」

 

 

なんて脅迫めいた連絡が届くのですが

そんな待ちくたびれた紳士淑女の諸君。

 

今年も年の瀬の最後に用意しておきましたぜ?

 

 

『年末年始恒例のシリーズ物』

 

 

毎日投稿とはいきませんが結構準備してきたので

今回も時間と体力のある限り投稿し続けようかなとm(_ _)m

 

まぁぶっちゃけ

 

 

「こんなの楽しみにしてないで

元旦のガキ使見てたほうがよっぽど有意義やぞ!?」

 

 

なんて僕は思ってしまうワケですが(ΦωΦ)

 

 

さてさて。

 

普段はこういったネタはメルマガで配信しているのですが

今回は写真を多様する予定の為ブログ記事にて投稿とさせて頂きますm(_ _)m

 

決して

 

 

「今年は1記事しかブログ書いてなかったから

これでごまかしたろ(けけけ)」

 

 

なんてやましい事は考えてございませんっ!

より分かりやすく、より鮮明に、より臨場感を増して全てをお伝えしたい・・・っ!

 

そう。

全ては皆様方の為なのでございます・・・っ!(怪)

 

さて、前置きが長くなりましたが

早速本編をお楽しみくださいましm(_ _)m

 

ワールドミステリーツアー開幕・・・っ!(ざわざわ)

 

刻は少し遡り、2021年10月中旬。

 

全てを破壊する者こと嫁が 遂に永き眠り(2年ぐらい)から目覚め

ドシドシと鈍い音を立てて動き出したのです。

 

嫁が動き出せば一体何が起きるのか。

 

そう。

 

それは皆さんご存じ、

長年のコロナによる封印から解き放たれ

晩年わたくしの心と精神を蝕んでくる突発的ライアーゲームこと

 

 

「ワールドミステリーツアーの開幕・・・っ!」

 

 

知らない方の為にざっくりお伝えすると

いつ・どこに・何をしにいくのか 飛行機に乗る当日になるまで一切知らされず、

突然見知らぬ国へ拉致されて強制的に連れ回される。

 

拉致芸人の大泉さんならまだしも

素人でひきこもりの僕みたいな人間に仕掛けるものでは到底無い。

 

それこそがワールドミステリーツアー・・・。

 

ちなみに

パっと思い出すだけでも過去6年の間に

 

 

・ ヨーロッパ(スペイン・フランス・ハンガリーなど)

・ 北欧(アイスランド・フィンランド・エストニア・など)

・ 東南アジア全域

・ ハイチ

・ ジャマイカ

・ メキシコ

・ スリランカ

 

 

などなど

様々な国を強制的に連れ回されていたり。

 

しかし、今回いつもと違うのは

 

 

・ 何月何日に行くのか

・ どの国に行くのか

 

 

という事だけは事前に知っている事。

 

なぜなら

このコロナのご時世で出発する3日以内にPCR検査を僕にさせて、

渡航の際に空港で書類を提出しなければならないからです!

 

まぁさすがの全てを破壊する者こと嫁も

国が決めたルールを破壊する事は無理だったようで( ̄ー ̄)ニヤリ

 

3日も前にドコに行くか知れるのなら

僕からすれば事前の準備し放題。

 

気候にあった服をゆっくり選べるし(いつもは5分以内に詰め込む)

全てを破壊する者こと嫁が何をしでかすかじっくりと調べられるし(知ってるのと知らないのでは全然違う)

 

いやはやイージーイージー!

 

今回の目的地はトルコ?

 

今回の目的地は

 

 

「トルコ」

 

 

・・・調べてみた結果、

このぐらいの国なら正直他愛もない。

 

 

・ 北海道でアザラシが右、ミーアキャットが左と挟まれながら寝たり

・ 北欧でいきなり知らない家族の家に泊まらされたり

・ アイスランドに着いた日にそのまま船で大揺れ&極寒の中クジラを見つけようとしたり

・ 起きた瞬間サメ入の深さ14mの巨大水槽にぶちこまれ、人生初のスキューバをさせられて息出来なくて死にかけたり

 

 

などなど

サプライズ(悪い意味で)も多かったり、時には死を感じた出来事も多々あったワケですが。

 

もうね

トルコなんてサプライズの範囲も予想できるし、命の危険なんて微塵も感じませんわ。

 

いやはや、

全てを破壊する者こと嫁の案にしては甘い、甘すぎるっ!

 

クリームブリュレより甘いわぁぁぁぁぁああ!!

 

計画通り・・・っ!

 

そんなワケで PCR検査を受け、

悠々自適に準備を済ませ空港へ向かい

ドバイから9時間のフライトを無事終え。

 

 

「いやぁこれがトルコの空気か~まぁまぁイイ感じやんけ!」

 

 

なんて入国ゲートまで トボトボ歩いていたのですが

ふと横にとある大きな看板が目に入ったんですよ。

 

 

「Welcome to CAPE TOWN!!」

 

・・・ん?

 

「Welcome to CAPE TOWN!」

 

・・・あれ。 見なかった事に・・・

 

 

「Welcome to CAPE TOWN!」

 

 

できねえええぇえぇあああぁぁぁあああああああああ/(^o^)\

 

 

そう。

 

 

「ヤツ(全てを破壊する者)は壮大なブラフ(嘘)をついていた・・・っ!」

 

 

甘かった。

 

この日の僕に対する致命的な一撃を夜な夜な考え

嫁のインスタ・FBなどの投稿は 僕限定で見れないように設定していたのです・・・!

 

僕が強制的に参加させられているのは 騙し騙され奪い合う(ほぼ騙されてる)

全てを疑い・信じてしまったら死ぬ世界、

それがライアーゲームことワールドミステリーツアー・・・!

 

そんな事を脳裏によぎらせながら嫁の横顔を見ると

 

 

”一点の曇りもない澄んだ笑顔をしていたんだ(八神月)”

 

 

・・・さぁいつも通り涙を拭いて頭を切り替えていこう・・・っ!

 

コピペがヤバい(語彙力0)

 

さてさて。

 

今回のワールドミステリーツアーの真なる目的地、

それは

 

 

「南アフリカ共和国」

 

 

わたくし、

人生初のアフリカ大陸(暗黒大陸)へと見事に騙され拉致られていたのです・・・(´;ω;`)ウッ…

 

ここで有名な南アフリカのコピペをどうぞ。

 

南アフリカ有名コピペ

・ 軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた

・ ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた

・ 足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた

・ 腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた

・ 車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する

・ 宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた

・ タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。

・ バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった

・ 女性の1/3がレイプ経験者。しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」

・ 「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた

・ 「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が靴と服を盗まれ下着で戻ってきた

・ 最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから

・ 中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味

 

・・・あかーーーーーーんっ!!!!!!

これ家族もろともなダメなヤツですやんっ!!!!!

骨の髄までしゃぶりつくされるヤツやああああぁあぁあああん!!!!!

 

・・・いやホント冗談抜きで。

 

果たしてことら家は一人のメンバーも欠かさず

この暗黒大陸から無事抜け出す事が出来るのか。

 

そもそも1ヶ月で帰らせてくれる気はあるのか。

 

全てを破壊する者こと嫁がまだ何か企んでいるのではないか。

 

 

「疑心暗鬼のワールドミステリーツアー In 暗黒大陸編」

 

 

開死・・・っ!

 

お知らせ

 

今回の記事とは一切関係ないのですが

現在ブログ・メルマガに関連する様々なエラー・修正・追加・実験を行っており

ここ数週間前後はブログ・メルマガ関連で 何かしらおかしな事が起きるかもしれません。

(既に起きていますが(苦笑))

 

 

「お?なんやこれ?」

 

 

なんて思うような事も多々あるやもしれませんが

皆様方の深い懐にて気にせずスルーして頂ければ幸いでございますm(_ _)m

 

それでは引き続きお楽しみくださいまし!

 

続きの記事を読む>

—————————————————————————————————————

世界中に拉致られて愚痴をこぼす、しょうもない内容から
世界中のドコを探しても出てこないような裏情報まで。

とにかく一握りの変わった紳士淑女の方々には喜んで頂けている

 
『裏メルマガ』

 
もしも読んでみたい!

という変わり者の方がいましたら
この下にあるメルマガ登録フォームより登録してくださいましm(_ _)m

 
※ 申込み後、登録完了通知(自動返信)が届かない場合は
メールアドレスが間違っている可能性がありますのでご注意くださいね。