旧エリートカード取得までの道のり その5 完結編

 

Bクラスのエリートカードの契約・購入手続きまでを行い

審査が終了するのをドキドキしながら待っていた所

不穏な連絡がカスタマーから届いた・・・

というのが前回までの話。

 

 

→ 前回はこちら(旧エリートカード取得までの道のり その4 購入手続き完了編)

 

 

「さすがに今回は購入できたやろ!」

 

 

と思ってた所にコレなので

これ以上かき乱すのはやめてもらいたいのですが/(^o^)\

 

 

カスタマーの「実は・・・」から入る言葉に

ドキッとしましたが果たしてどうなることやら。

 

 

 まさかの展開!?

 

 

実は・・・このカードはBクラスなんですが

30年の期限ではなく・・・。

 

生涯使えるカードの間違いでした!

 

 

・・・ん?マジ?

勝手にランクアップしたんだけど\(^o^)/

 

 

何やら詳しく聞いてみると

このカードの譲渡はまだ1回しか行われていなかったようで

カード保有者・公式共にどちらも認識を間違っていたようです。

 

 

つまりは僕たちは生涯会員

次回譲渡した場合は30年の期限になるという事。

 

 

価格は相場よりかなり値下げしてもらったので

結果的にめちゃくちゃ良い買い物になってしまったぞ\(^o^)/

 

 

 念願の旧エリートカード取得!

 

 

僕たち的には超ラッキー!な展開なのですが

後々揉めるのも面倒なので

エージェントにも素直に話した所、

 

 

「カード保有者からこんな言葉が届いてるよ!

 

「素直に伝えてくれて嬉しい!

日本人は本当に素直で立派だ。

 

追加で金銭は要求しないよ!

タイの生活をエンジョイしてね!」

 

私からもタイを楽しんでね!」

 

 

僕が和の心を持っていてよかった・・・

(パスポート情報と住所がバレてるからとは言えないな)

 

 

最後の最後で嬉しい展開!

 

 

そのまま無事審査が完了し

譲渡手数料をエリートカードオフィスに支払って

これで念願の

 

 

旧エリートカードのファミリーカード(Bクラスの生涯会員)

 

 

を手に入れる事が出来ました\(^o^)/

 

 

 ビザの取得方法

 

 

譲渡手数料を支払ってカスタマーから完了通知を貰ったら

その時点でビザ手続きが可能なので早速行う事に。

 

 

ビザの取得方法は2つあり

 

 

1. 入国時に取得する方法

2. タイのイミグレーション(入国管理局)で取得する方法

 

 

があります。

 

 

  入国時に取得する方法

 

 

特別な事情がなければこの方法が楽です!

 

 

やり方は5日前までに

カスタマーに日本からタイの便を連絡するだけでOK。

 

 

タイに到着と同時に空港内を走る車で

特別ゲートまで連れてってくれます。

 

 

後は担当者にパスポートを渡せばものの5分で

ほいっとビザが手渡されるのです(笑)

 

 

 

  タイのイミグレーション(入国管理局)で取得する方法

 

 

僕の場合はタイに引き続き滞在してたので

60日延長の観光ビザが切れそうという事もあり

この方法で行う事に。

 

 

こちらも5日前までにカスタマーに予約をしておきます。

 

 

申請場所はチェーンワタナという場所にある

イミグレーションなんですが

バンコク市内からだとタクシーで1時間ぐらい。

(帰りは金曜日のラッシュに捕まって2時間かかりました)

 

 

申請などはエリートカード側が用意した

付き添いの担当が全て行ってくれるので

パスポートを渡したら出来上がるまで適当にブラブラしておいでとの事。

 

 

入国時取得の方法は5分ぐらいで渡してくれるので

こっちは10分ぐらいかな?と思ってたんですが

ここで行う場合は専用レーンなどはなく

一般レーンと同じだったみたいで1時間程度掛かりました/(^o^)\

 

 

これが今回取得したビザになります↓

 

 

 

 

 5年毎のビザになる

 

 

カード会員になっている限りはビザは生涯貰えますが

1度につき5年のビザになります。

 

 

恐らくビザを一度に生涯分与えてしまったら

カードを誰かに譲渡した場合でも

取得したビザだけは引き続き有効なので

友達同士でカードを回せば皆生涯ビザになってしまうからですな(笑)

 

 

ちなみに僕の場合はパスポートの満期が

2019年の10月までなのでその分のビザしか貰えてないかも。

(パスポートを新しく更新すればその分貰えるようです)

 

 

また、90日毎にビザの更新が必要で

 

 

1. イミグレで更新する

2. 90日以内に国外に一度出る

 

 

どちらかが必要になります。

 

 

 旧エリートカード(現物)の取得

 

 

譲渡手数料を支払ってから2〜3週間後に発行されますが

今回はめちゃくちゃ早く出来たとの事で

ビサ取得の時に持ってきてもらいました。

(通常は郵送で送ってきてくれます)

 

 

これが貰った旧エリートカードの現物↓

 

 

 

 

しかし、ぶっちゃけエリートカードを提示する事って

ほとんどないので必要なかったり(笑)

(デパートのラウンジ利用だったり買い物の割引の時ぐらい?)

 

 

コレクションカードみたいなもんなんだとか。

 

 

また、VIZカードという謎のカードも付いてました↓

 

 

 

 

ざっくり言えば

サイアムセンター、パラゴン、ディスカバリーセンター

でラウンジ利用や割引に使えるカードとの事。

 

 

まぁ使う時がきたら詳しく調べるか/(^o^)\

 

 

 終わりに

 

 

これにて本当に一件落着!

 

 

いやぁ・・・色々とアクシデントはありましたが

今回もなんだかんだどうにかなりました( ´ー`)フゥー...

 

 

海外の個人間取引は

自分の常識・価値観はあまり当てにならないし

どんでん返しで裏切られる事ばかりなんですが

今回は比較的サクッといった方だなーと感じてます。

 

 

経験上スムーズにいった事なんてほぼないので

慣れてない方は途中で心が折れるかもしれません(苦笑)

 

 

とりあえず詐欺られずに購入出来てよかったなーと一安心。

 

 

ちなみに実はもう既に

 

日本からタイへの引越し作業

子供のナーサリー入学(幼稚園)&学生ビザ取得

ベビーシッター・メイドの契約

 

・・・などなど、完遂しておりますm(_ _)m

 

 

エリートカードの特典も使っているので

どんな使い方をしているのか後日お伝えしようかなと。

 

 

また、次回は旧エリートカードを取得する為の

流れ・方法・注意点などをコンパクトにまとめます!

 

 

旧エリートカードがどうしても欲しい方は

これを読めば取得出来る可能性も若干高くなるかなとは思います。

 

 

→ 次回へ続く(旧タイランドエリートカードの「購入・売却」の相談はこちらへ!)

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!