旧エリートカード取得までの道のり その1 エージェン捜索編

 

 

 

旧エリートカード自体枚数が少ないレアカードなのですが

今回僕が狙っているのはこの更に上の激レアカード 

 

 

「ファミリーカード」

 

 

しかし、

エリートオフィス(公式)は一切旧カードの仲介・関与をしないので

売りたい人(譲渡元)を直接見つけるなんて事は非常に難しい、

という事を前回お伝えしました。

 

 

→ 前回はこちら(旧エリートカード取得までの道のり その0 ファミリーカードって何?編)

 

 

そこで活用するのが

売りたい人と買いたい人を繋げてくれる

 

 

「旧エリートカードのエージェント」

 

 

・・・まぁこれも

 

 

「私がエージェントですよー!」

 

 

みたいな分かりやすい自己紹介やサイトが存在する訳ではなく

自力で友達のツテや海外掲示板を一つ一つ辿っていかなくてはなりません。

(むしろこれを本業にしてる人はいないはず・・・)

 

 

ブログで旧エリートカードを購入したと報告している方に海外・日本問わず連絡をしたり

カード保有している友達・読者さんにも聞いてみたり

新エリートカードのエージェントにも連絡してみたり・・。

 

 

ホント地味過ぎる人力作業でしたが

僕には時間と根気(?)はある方なのでチマチマ探す事に。

 

 

 3名のエージェントを発見!

 

 

そんなこんなで数ヶ月を掛けてやっとこさ

タイ人・韓国人・日本人のエージェントの3名を見つけました!

 

 

エリートカードの絶対数が少ないということは

エージェントもそれだけ存在しないという事になる訳で

カード同様エージェント自体を探すのも時間がめちゃくちゃ掛かります(苦笑)

 

 

ちなみに日本人のエージェントは今はほぼ活動してないそうな。

 

 

一昔前は日本人の旧エリートカード売買は結構頻繁にあった訳ですが

最近になって日本人の売りたい人がパタッとなくなったのが原因かも。

 

 

 エージェントとのやりとり

 

 

エージェントに繋がってからはこちらの希望をLINEで伝えます。(英語)

 

 

「A・Bクラスどちらでも良いからファミリーカードを探してくれ」

 

 

するとタイのエージェントが

 

 

「丁度Aクラスの1家族分のファミリーカードがあるよ!」

 

 

との事。

(その他エージェントは探してみるという回答)

 

 

「え?マジか!めちゃくちゃ運いいぞ!」

 

 

という感情よりも

 

 

「・・・なんか嘘くせぇ・・・めっちゃカモられそうやんけ・・・。」

 

 

というのが正直な所・・・。

 

 

そもそも前回の記事でもお伝えしましたが

旧エリートカードを保有している人は案外見つかりますが

売却したいって人は中々見つからないんですよ。

 

 

更に言えばファミリーカードなんて激レア中の激レアな訳で・・・。

 

 

その他にも

 

 

価格が案外リーズナブルだった事

後1ヶ月もしたら他の人に売れちゃうよ!と急かされてる事

めちゃくちゃ親切丁寧・迅速対応な事

 

 

などなど。

 

 

ざっと書くとこんな所ですが

怪しいポイントのオンパレードやないか、と。

 

 

僕の昔からの経験則だと

海外での個人間取引は大小関わらず

トラブルが「ほぼ必ず」ついてきます。

 

 

スムーズにいく事の方が珍しいような。

 

 

なんだかんだ最後にはどうにかなるのですが

どの案件も最後らへんでドッと疲れがでますし

そのまま進めてたらヤラれていた案件も少なくないです。

 

 

しかし進めてみなければ何もわからずじまい。

 

 

 

 エージェントに直接会ってみる

 

 

「タイにいるからいつでも会いに来てよ!」

 

 

という訳で詐欺だと思いながらも

とりあえず会ってみてから考える事に。

 

 

すぐ様タイに赴きホテルのラウンジで会いましたが

気を利かせてくれたのか日本人の通訳を連れてきてくれました。

(その親切アピールが更に怪しさを増しただけでしたが(笑))

 

 

色々と話しを聞いてみると

マレーシアとタイを行ったり来たりしている方で

元々はエリートカードオフィスのカスタマーサポートに

勤めていた人だという事が分かりました。

 

 

カスタマーサポートで勤めていた時に

やはりABクラスの売却・購入希望の問合わせが結構あったそうで。

 

 

まぁ普通の人が買いたい人・売りたい人を探すなんて事は

まず不可能なのでそりゃ問い合わせもくるわなと。

 

 

しかし、公式は一切関与しないというスタンスなので

サポートに連絡があった売りたい人・買いたい人を繋げられなかったそうな。

 

 

そんなこんなでビジネスチャンスを見出し

 

 

「売りたい・買いたい人達を繋げてあげよう!」

 

 

という訳で退社し

旧エリートカードのエージェントを行っているそうです。

 

 

最初は好調だったみたいですが

次第に売りたい人のリストが底をついてきて今では

 

 

「売りたくもない新エリートカードを最近販売する事にしたんだ」

「背に腹は変えられないよねぇ〜」

 

 

あの時のアンタの志は何処に/(^o^)\

 

 

 

 今回のエリートカードの持ち主情報

 

 

そんなこんなで今回の

エリートカードの持ち主情報について詳しく聞くと

 

 

・ Aクラスのファミリーカード

・ 所有者は韓国人夫婦

・ 離婚したいので今すぐにでも売却したい

・ 別居中

・ エリートカードの支払いは半分は旦那さんに・半分は嫁さんに直接送金しなければならない

 

 

というちょっと訳ありなカード(苦笑)

 

 

まぁ取得できればこんな部分はどうでもいいです。

 

 

購入者のカード情報

パスポートコピーの情報

相手先電話番号

 

 

などもこの時点で入手でき

エージェントがいる手前で抜き打ちで

エリートオフィスに本物かどうかその場で連絡してやりました。

 

 

目の前でエージェントの顔色が変われば面白かったのですが

 

 

「間違いなくその夫妻はエリートカード会員であり

Aクラスのファミリーカード保有者です。」

 

 

というお墨付きを公式から貰ってしまって

逆に僕の方が焦ってしまう事に(苦笑)

 

 

この時点で少なくとも

まんま詐欺ではないだろうと判断。

 

 

とりあえずその場で購入の意思は伝えて

必要書類を揃えるにも一旦日本に帰国する事に。

 

 

 

 海外での個人的な取引・契約の注意点

 

 

まさかの一発目でゴールに決められそうとは。

 

 

ここまではすこぶる順調。

 

 

LINEでやり取りしているのですが

めちゃくちゃ迅速・親切丁寧な対応で何も問題なし。

 

 

それ以外は知識もかなりありましたし

受け答えも特に不安は感じませんでした。

 

 

ただそれでも経験上不安の方が強く・・・。

 

 

 慣れてくると目に見えてダレてくる性質

 

 

海外・特にタイではよくあった事なのですが

最初はめちゃくちゃ良い対応なのですが

慣れてくると段々対応が悪くなってくるという特徴が強すぎるんですよね。

 

 

メイドなんかホントコレ。

 

 

雇いはじめのメイドさんは

汗だくになりながらも部屋はピッカピカ。

 

 

3ヶ月も経つと慣れてきたのか

 

 

ベッドメイキングはよれよれ

一部掃除してない

私物を持ち帰る(ってか盗まれる)

 

 

なんて事はホント良くあります。

 

 

なのでダラダラせずに自分の中で条件が整ったら

早めに決めてしまった方が

対応が良いままで最後までスムーズにいけたり。

 

 

最後の最後の大事な部分で連絡なくなるとか

めちゃくちゃ返答遅くなるとかあるあるです。

(相手に利がなくても平気でやってきます)

 

 

 終わりが終わりとは限らない

 

 

「話がコロコロ変わる」

「土壇場でひっくり返される」

 

 

ってのも良くありますねぇ。

 

 

最近やられたのは3年前に居住した際に

タイで二度目の賃貸契約した時でしょうか。

 

 

引越しの荷物も運び入れ

整理整頓が全部終わって

ふーっと一息ついたタイミングで

 

 

「気が変わったから明日には出てってくれる?」

 

 

なんてオーナーに言われた事があります/(^o^)\

 

 

こ 「はぁ?ふざけんな!契約書通りにしろや!」

 

 

オ 「不服なら裁判でも何でもやれば?

1週間分は無料にしてやるからとにかく出てってくれ。」

 

 

こ 「おうおう、裁判でも何でもやったろうやないか!」

 

 

・・・という事で弁護士までたどり着いたのですが

 

 

「あー・・・。多分めちゃくちゃ長引くっていうか勝てないと思いますよ・・・。」

 

 

当然ですが海外では外国人の権力は弱いみたいで

ここではタイ人優勢となり

暴力沙汰とかあからさまな犯罪行為じゃないとほぼやるだけ無駄なんだとか。

(契約書あったとしても駄目ってなんやねんって話な訳で)

 

 

で、たとえ勝ったとしても

時間と費用の割に全然合わないし

払われる確証もないとの事。

 

 

・・・まぁ確かにアウェイだし、時間の無駄か。

 

 

撤収!

 

 

というちっちゃな事件も昔ありましたなぁ。

 

 

とにかく日本では絶対に起こらないような事が

海外では頻繁に起きるんですよ!

 

 

なので海外での個人的な取引・契約は

最後までどうなるかわかりませんし

終わってからも何か出てくるなんて事もあるのです(苦笑)

 

 

さて、今回も大どんでん返しはあるのでしょうかね・・・。

 

 

次回に続きます。

 

 

→ 次回へ続く(旧エリートカード取得までの道のり その2 必要書類取得編)

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!