暗号通貨でも業者が命!業者あってこその裏技!
 
なんといっても裏技には業者が命、
業者あってこその裏技。
 
 
 
業者を知らずして勝つ事はできませぬ。
 
 
 
それはシステムだったり、
業者の対応・特徴・バックしかり。
 
 
 
例えば、
利益が出ても出金させてくれなかったり
イチャモンつけられて元本+利益分を
業者にゴッソリ持っていかれたりなんてのは
この世界では「あるある」です。
(日本の業者はイチャモンつけてくるだけで
ほとんど出金できますが)
 
 
 
いくら利益が取りやすい業者だろうが
裏技をしやすい業者であろうが
出金が出来なければ全くの無意味。
 
 
 
というよりも時間と機材と
資金の配分を考えるとマイナスでしかなく、
表面上の数字だけが増えてるに過ぎません。
 
 
 
ただそれも実際にやってみなければ
分からないもの。 
 
 
 
時間もお金も掛かるけど、
自分でやって自分の目で確かめる。
 
 
 
これこそが「価値ある情報」となるもんです。
 
 
 
ただし、暗号通貨業者の場合は今の所
口座凍結や出金拒否・イチャモンなどもありませんし
聞いたこともありません。
 
 
 
恐らく中の人がまだ知識が甘かったり、
顧客獲得で大事な時期なので黙認している可能性はあり。
(ノーカバーの業者がいるので
今後発生してくるだろうなぁとは思いますが)
 
 
 
ちなみに、
FXの時は「FX業者・業者」と呼んでいましたが
暗号通貨業者の場合は「取引所」と皆呼んでいます。
 
 
 
なので暗号通貨業者の事は
今後「取引所」と呼ぶ事にします。
 
 
 

目次

 
 
・ 取引所を知る事で・・・。
・ 取引所と販売所の違い
   取引所とは
   販売所とは
・ 日本の取引所
   コインチェック
   ビットフライヤー
   Zaif
・ 海外の取引所
   Bittrex
・ まとめ
 
 

取引所を知る事で・・・。

 
 
 

・・・本題に入る前に

少し脱線します。

 
 
 
裏技の話よりも大事な話です。
 
 
 

裏技に限った話ではないけど

何事も成功する秘訣は

 
 
 

「調べる ⇒ 考える ⇒ 実際に行動する ⇒ 調べる ⇒ 考える ⇒ 実際に行動する・・・」

 
 
 
これを延々と繰り返す事が遠回りなようで1番近道だったりします。
 
 
 
大体の人は1回調べるだけで終わってしまうかな。
 
 
 
これなんだろ?って機能程、
 
 
 
「え?こんな使い方できるんか!すげー!」
 
 
 
ってものが隠されていて
それは1回目で気づかなかったけど、
2回、3回とループしていった結果見つかるものなんです。
 
 
 
必要な情報は自分自身で作る。
 
 
 
他人の情報におんぶに抱っこでは
人の情報に踊らされて死んでいくだけです。
 
 
 
情報商材を買うとかまさにそう。
 
 
 
なので、
取引所の基本・特徴はザックリとお伝えするので
後は口座開設して自分自身で取引や各取引所で
何が出来るのかを実際に1つ一つ試してみてください。
 
 
 

取引所と販売所の違い

 
 
 
日本の場合、
取引所と販売所の2種類で売買が出来ます。
 
 
 
簡単に言うと
 
 
 
・ 顧客同士で売買させる場を提供するのか
・ 業者が仕入れてきた暗号通貨を顧客に提供するのか
 
 
 
の違いです。
 
 
 
先にざっくりと結論を言ってしまうと
前者の方が圧倒的に有利で
後者は特別な理由以外で行うメリットはありません。
 
 
 

取引所とは

 
 
 
業者が個人同士を繋げて売り買いできる場所。
 
 
株の売買に一番近い。
 
 
 

メリット

 
 
 
業者の手数料は1取引につき0%~0.25%程度。
(0%の業者も今後は手数料を取られるはず)
 
 
 

デメリット

 
 
 
日本の場合取り扱い通貨が
ビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・イーサリアム(ETH)・NEMぐらいしかない。
 
 
 

販売所

 
 
 
業者が仕入れてきた
暗号通貨を手数料を上乗せして提供する場所。
 
 
 
海外のスーパー(海外の取引所)から
100円のトマトを業者が輸入して、
150円で自分の店で売ってるようなイメージ。
 
 
 
つまりは海外のスーパーで直接買った方が安くなる。
 
 
 

メリット

 
 
 
取り扱い通貨が多い
BTCなどの基本を始め、Lisk・DASH・Litecoin・Augur・Factom・Ripple・EtherClassicなど
 
 
円で購入できる
 
 
 

デメリット

 
 
 
手数料が3%前後と高い
 
 
 
 
取引所で取り扱っている暗号通貨は取引所で、
取引所で取り扱っていない暗号通貨で
どうしても円で売買したい通貨があったら販売所で。
 
 
そのぐらいの認識でOK。
  
 

日本の取引所

 
 
 
日本でも取引所は結構増えてきましたが、
基本的には下記3つの取引所を
抑えておけば良いと思ってます。
 
 
 

◆ CoinCheck(コインチェック)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
取引所取扱通貨 : Bitcoin
販売所取扱通貨 : Bitcoin・Bitcoincash・NEM・Ethereum・Lisk・DASH・Litecoin・Augur・Factom・Ripple・EtherClassic
レバレッジ : 5倍
手数料 : 2017年9月現在 キャンペーン中につき0%
レバレッジ手数料 : ロングポジションの場合は0.04 % / 日 ショートポジションの場合は、 0.05 % / 日(24時間毎)
レンディング : あり(最大年5%)
送金スピード(BTC) : ほぼ即時
受取スピード(BTC) : 3confirmation(高速受取は0confirmation)
保証 : 暗号通貨が盗まれた場合、最大100万円の保証あり
サポート : 以前は問合せ返答が遅かったが最近めちゃくちゃ早くてビビる。恐らくカスタマーサポートが増員された。
その他 : 以前は数百万円以上の暗号通貨の送金は
監視のチェックが入って1日送れないなんて事もあったけど
今はないので改善されたかも。
 
 
 
FX業者でいうならば
GMOクリック証券みたいな立ち居地。(僕の中では)
 
 
 
基本的な事は全て揃っており
素人でもひと目で見てわかりやすいUIになっていて
分かってる人が作ってるんだなぁという印象。
 
 
 
コインチェックを一つの基準として
他の取引所と比べていくと楽。
 
 
 
つまりはとりあえず口座開設しておけという事。
 
 
 
 
 
 

◆ Bitflyer(ビットフライヤー)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
取引所取扱通貨 : Bitcoin・Bitcoincash・ETH/BTC
販売所取扱通貨 : Bitcoin・Bitcoincash・Ethereum・Litecoin
レバレッジ : 15倍
手数料 : 2017年9月現在 キャンペーン中につき0%
レバレッジ手数料 : ロングポジションの場合は0.04 % / 日 ショートポジションの場合は、 0.04% / 日(24時間毎)
レンディング : なし
送金スピード(BTC) : ほぼ即時
受取スピード(BTC) : 3confirmation(ただし監視が入る事が多くめちゃくちゃ反映は遅い)
保証 : 暗号通貨が盗まれた場合、最大100万円の保証あり
サポート : 普通
その他 : サーキットブレイカーあり
 
 
 
サーキットブレイカーは
規定以上の値上がり・値下がりになると一時売買を中断するというもの。
 
 
 
暗号通貨の良い所を殺してるんでね・・・?
 
 
 
コインチェックと比べると取引所で扱える通貨が増えて、
レバレッジも高いというだけで、
後コインチェックに勝っている所は無い。
 
 
 
ただしビットフライヤーのLightningFXの使い所はある為、
口座開設はしておいた方がいい。
 
 
 
 
 

◆ Zaif(ザイフ)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
取引所取扱通貨 : Bitcoin・NEM・MONA・Zaifトークンなど。
販売所取扱通貨 : Bitcoin・MONA
レバレッジ : 7.77倍
手数料 : BitcoinとMONAのみ信用取引だと−0.01%(つまりは取引すればするほど逆に利益が貰える)
レバレッジ手数料 : 0,39%(24時間毎)
レンディング : なし
送金スピード(BTC) : ほぼ即時
受取スピード(BTC) : 1confirmation(めちゃくちゃ早い)
保証 : なし
サポート : 普通
 
 
 
NEMやMONA、マイナートークンも取引できる貴重な取引所。
 
 
 
ただし、
 
 
 
・ 全体的に板が薄い
(間違って成行きでブン投げたら僕レベルでも価格が2%下落した)
 
・ サーバーダウンが非常に多い
(サーバーダウン中はAPIでの取引は通る)
 
・ UIが使いずらい
(スマホアプリは世に出す意味がわからんレベル)
 
 
 
この超絶デメリットが3点ある。
 
 
 
というか金融に携わっている技術屋がいるのか?
と疑問に思う程に素人感満載。
 
 
 
ぶっちゃけ本来なら口座開設なんかしなくていいのだが
ピンチはチャンス。
 
 
 
こういった取引所は別の使い道があったりする。
 
 
 
 
 

海外の取引所

 
 
もちろん海外にも取引所は存在する。 
 
 
 
日本の規制に該当しない為、
様々な暗号通貨やサービスを展開しており
日本の取引所よりも優れている点が非常に多い。
 
 
 
海外の場合、
当たり前ですが日本語サポートなんてのはまだないのでご注意を。
 
 
 
なので、
英語が良く分からないし、
何かトラぶった時に対応できないという場合は
大金を積むのはやめておいた方がいいでしょう。
 
 
 
ただし、その分のメリットは十分あるので
小額で取引して慣れておく方が吉。
 
 
 

◆ Bittrex

 
 
 
 
 
 
 
 
取引所取扱通貨 : Bitcoinを含む様々な暗号通貨100種類以上あり
販売所取扱通貨 : なし
レバレッジ : なし
手数料 : 0.25%
レンディング : なし
送金スピード(BTC) : ほぼ即時
受取スピード(BTC) : 3confirmation
保証 : なし
サポート : 普通 
 
 
 
超マイナー通貨じゃなければほぼこの業者で取引できます。
 
 
 
使い方も非常に簡単なので
この海外取引所をベースに他の取引所と較べてみればいいと思われ。
 
 
 
 
 
 
このぐらい知っておけば
後は口座開設して1つ1つ実際に行って
知っていけばいいかと。
 
 
 
使い方も自分で調べたり実際にやっていけば
 
 
 
「ここの業者はこれがあるけど、これがないんだなぁ」
 
「この業者は絶対使ったらアカン」
 
「こうゆう使い方したら利益でるんじゃね?」
 
 
 
などなど、じょじょに理解してくるもんです。
 
 
 
裏技で稼ぎたい場合は
自分自身を人柱として先陣を切って走る必要があり
他人やネットの情報だけでは一歩先に行く事はできません。
 
 
 
時間がないから・・・
良く分からないから・・・
 
 
 
だからこそお金を払って情報を買うしかないですし、
お金を払いたくなければ自力で調査していくしかないんですな。
 
 
 

まとめ

 
 
結構長々と書いてしまいましたが、
細かく書くと全然足りなぐらいです(苦笑) 
 
 
 
といってもこのぐらいの知識は
暗号通貨を普通に取引してる人でも持ってますので、
あくまでも基礎基本ですね。
 
 
 
これをベースにしてどこまで
価値のある情報を自分自身で作り出せるか。
 
 
 
これは裏技ではなくても
通常のトレードにも暗号通貨は大きく影響するので、
取引所を知る事はめちゃくちゃ大事な事だったり。
 
 
 
ちなみに日本は別に誰でも使いこなせるのでいいのですが
優良な海外取引所を紹介する事は
僕にはメリットがないのでお伝えしません/(^o^)\
 
 
 
ご自身で見つけてくださいまし。
 
 
 
 
  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!