飛行機からの景色

 

最近タイにエリートカードを購入して住んでみたい!という

20〜30代の比較的若い方から連絡が届くようになりました。

 

 

「憧れだけで移住なんてすんなっ!」

 

 

みたいな事をボコボコに書いちゃってはいるのですが、

若い方であればむしろ大きな箔がつくので

とっとと行っちゃってください!

 

成功(?)している方の多くに

 

「〜カ国海外を渡り歩きました!」

「〜カ国制覇しました!」

 

とか良く見ません?

 

言い方は悪いかもしれませんが

とりあえず「海外」ってワードを出せば

スゲー!ってなるのが日本人なんですよ(苦笑)

 

日本人はとにかく海外に憧れ・淡い幻想を抱いているにもかかわらず、

自分では中々海外に行こうとしないので(行けない)

外の世界を知っている人間に興味があります。

 

仕事・異性・生活・・・。

どの場所でもネタとして使えるので

海外生活経験は己の「万能な武器」となるんです。

 

移住で成功したらそのまま住めば良く、

移住に失敗したらおまけとして万能の武器が付いて来る。

 

こんなどっち転んでも美味しい話

中々ないと思うけどなぁ。

 

なので海外に若い時に住むというのは、

大きな+にはなっても−にはなる事はまずありません。

 

これは僕自身が実感しているので

まず間違いありませんし、

嫁も実感しているようです。

 

ちなみに僕より嫁の方が海外経験が圧倒的に多い訳ですが、

有名大企業の会長・社長レベルから職場へのお誘いが直々に結構きてたり。

(夜の的な意味じゃなく)

 

本人はやる気がないみたいなので

全部蹴って専業主婦してますが(笑)

 

逆に50代、60代で海外移住して

なけなしのお金で失敗してまうと、

本気で何も残らないですよ(汗)

 

これこそが若者の超特権ですな。

 

エリートカード関連のお話はこちらを参考に↓

 

■ タイ ビザ関連記事のまとめ

タイに移住する為の3つの選択肢 その1 どのビザを取得するか

タイに移住する為の3つの選択肢 その2 投資家ビザを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その3 ワークパーミットを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その4 タイランド エリートカードを考察

タイに移住する為の3つの選択肢 その5 まとめ

 

—————————————————————————————————————

世界中に拉致られて愚痴をこぼす、しょうもない内容から
世界中のドコを探しても出てこないような裏情報まで。

とにかく一握りの変わった紳士淑女の方々には喜んで頂けている

 
『裏メルマガ』

 
もしも読んでみたい!

という変わり者の方がいましたら
この下にあるメルマガ登録フォームより登録してくださいましm(_ _)m

 
※ 申込み後、登録完了通知(自動返信)が届かない場合は
メールアドレスが間違っている可能性がありますのでご注意くださいね。