ちょっくらシンガポールへ その1 DBS BANKで法人口座開設

 

 

タイにBビザの申請をしにきたついでに

久々のDBS BANKへの訪問と、

世界一美味い北京ダックを食しに行きます。

 

 

シンガポールは飽き飽きしていますが

北京ダックだけはどうしても外せない・・・。

 

 

今回は海外法人系の話となりますので、

興味がある方はこちらの記事を参考にすると良いかと思います↓

 

 

海外法人設立に関しての詳細はこちらを参考に!

 

 

 久々のDBS BANK訪問

 

 

最近BVIやセーシェルなどの所謂オフショアにある

法人の銀行口座が作れなくなってきています。

 

 

10年前ぐらいであればバンバン作れた訳ですが

最近では全く作れなくなりましたね。

 

 

なのでBVIやセーシェル法人と法人口座セットが(開設済み)

高値で売買されてたりもし

こういった形態をシェルフカンパニーと言います。

 

 

最初から全て用意されている法人なのですが

ここには落とし穴も。

 

 

シェルフカンパニーを買ったは良いが、

いざ使おうとしたら法人口座が凍結された・・・。

 

 

なんて事も良くある話です。

 

 

そこで友達が知りたいとの事もあり

自分が暇という事もあるのですが

DBSの担当者に話を直接聞きに行きましたよ。

 

 

DBSの入口にあるいつみても謎の人形↓

 

S__942411

 

DBS Treasuresのラウンジ↓

 

S__942412

 

ちなみに担当者はDBSの中でも唯一日本語をペラペラ話せる方。

 

 

話はスムーズに進み、

本社30階ぐらいまで法人担当まで案内するとの事。

 

 

DBSのこの階層にくるのは初めてだなぁ↓

 

S__942413

 

そこで出てきたのが、

二名の若い女性。

 

 

名刺を貰うやシニアエグゼクティブマネージャーと。

 

 

大体部長クラスって事でしょうかね?

 

 

この大企業にその若さでこの地位とは凄いな(汗)

 

 

さてさて、

法人口座に関する内容を簡潔にまとめると、

 

 

・ BVIやセーシェルなどのオフショア法人で開設する事自体は問題ない。

・ 金融関連の事業(FXなど)では法人口座開設はほぼ無理。

・ 事業に実態があれば基本的には問題ない。

・ Webサイトやサービスサイトは出来るだけ欲しい。

・ その人自体の信用か信用筋からの紹介があれば優遇はできる。(個人口座の実績)

・ とにかく口座にマネーを積んでくれ。

 

 

こんな感じ。

 

 

残念ながらトレード系をメインにした法人では恐らく口座は開けないです。

 

 

なのでネットショップなどを行って

その受取先として使いたい都度を伝えた方がいいでしょう。

 

 

その後にFX口座を開設しようが問題ないですからね。

 

 

もちろんサイトも作成しなければなりませんが、

今の時代は無料ですぐに作れちゃいますしね。

 

 

「なんでDBS BANKじゃないとダメなの?

他の銀行でもいいじゃない。」

 

 

と良く聞くとの事ですが、

 

 

「世界の様々な銀行を使ってきたが

DBSが世界中で一番信頼ある銀行だと思っています!」

 

 

とほめてくれればそれ以上は聞かないとの事です(笑)

 

 

もちろん個人口座作ってないとその言い訳は出来ませんがね。

 

 

後はとにかくお金を積んでくれないと開設は無理との事。

 

 

最低でも500万円前後のSGDが必要で、

それ以下しかない方は無理です。

 

 

もちろん見せ金で入れて後から抜いても構いません。

 

 

その場合は月々3000円程度の口座維持手数料が掛かるぐらいとのです。

 

 

このぐらいですかね。

 

 

何はともあれ0%ではないようで、

ちゃんとしたアリバイ工作を作っていけばBVIやセーシェルでもいけそうな気はします。

 

 

ちなみに友達の香港法人は

僕からの紹介でDBS法人口座が無事作れました。

 

 

ご興味がある方は是非チャレンジを\(^o^)/

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!