IA・・・それは最強のトレード環境を提供する者 その3 IAを通さなくちゃ損!編

↑カジノで写真は撮っちゃいけません!(笑)

 

 

前回と前々回の記事では

 

 

海外FX業者の基本的なIBの記事

IBビジネスを行いたい方向けの記事

 

 

上記2点をお伝えしました。

 

 

今回はお待たせしました、

IBの最上級ランク「IA」について紹介しますよ!

 

 

IAについて

 

 

IAとはIntroducing Agent(イントロデューシング・エージェント)の略です。

 

 

IBをリテール層に対しての営業マンだとすると、

IAはFX業者や大口トレーダー(機関投資家)に対しての営業マン。

 

 

つまりは

 

 

・ FXビジネスを行っている&行いたい方

・ ファンドを行いたい方

・ 自分・身内専用のFX業者を設立したい方

・ 一般に出回っていない特別なプラットフォーム(APIあり)を使いたい方

・ 一連の口座開設手続きや和訳・英訳サポート

 

 

などなどの方へのアドバイス・手続きサポートがメインとなっています。

 

 

つまりはFX業界のプロフェッショナルな訳です。

 

 

IAを通して海外FX口座を開設するメリット

 

 

IAを通して口座開設するだけで下記メリットが得られます。

 

 

1. 日本の業者とほぼ同じぐらいのコストで取引できる

2. 特殊な取引プラットフォームの利用可能(API接続可能)

3. 自分や仲間内専用のFX業者をライセンス無しで作る事も可能

 

 

その他にも面倒な英語でのやり取りもある程度代行してくれたり、

幅広い情報を教えてくれたりとメリットは多いですね。

 

 

1. 日本の業者とほぼ同じぐらいのコストで取引できる

 

 

日本のFX業者でも良くあるのですが、

 

 

カバー銀行&銀行系FX業者(レートを提供) →

FX業者(スプレッド上乗せ) → 

顧客

 

 

ざっくりですが大体はこんな感じでレートが流れています。

 

※カバー銀行&銀行系FX業者(レート提供)

に関しては今後詳しい解説をします!

 

 

つまりは中に挟まれているFX業者は

スプレッド(手数料)を上乗せして

右から左にレートを流しているだけなんですね。

 

 

これこそ最強の仲介業(笑)

 

 

・・・しかし!

 

 

カバー銀行&海外FX業者(レートを提供) → 

FX業者(スプレッド上乗せ) → 

顧客

 

 

これを

 

 

カバー銀行&海外FX業者(レートを提供) → 

顧客

 

 

こうする事は可能です!

 

 

これがIA経由で顧客が口座開設するという最強の利点な訳ですな。

 

 

 

つまりは!!

 

 

IBにかかる様々なコストや、

中間に入ってるFX業者を飛ばす事が出来る為、

 

 

「無駄なものが一切含まれていない状態」

 

 

で海外FX業者で取引する事ができる訳です!

 

 

 

 

言うまでもなく巷のキャッシュバックサービス

などを使っているよりも断然お得。

 

 

 

2. 特殊な取引プラットフォームの利用可能(API接続可能)

 

 

ちょっとマニアックな話になってしまいますが、

例えばMT4を利用している業者があった場合、

 

 

取引ボタンポチっ! → 

ユーザー側プラットフォーム(MT4など) → 

業者側プラットフォーム  → 

約定

 

 

ザックリとですがこのような流れになります。

 

 

なんとMT4の次に

業者側で利用するプラットフォームが1つ噛んでいるんですねぇ。

 

 

その為、何が起きるかと言うと

約定までにコンマ何秒か時間が多く掛かる訳です。

 

 

「コンマ何秒なんて別に大した事ないやん?」

 

 

こう思われる方の方が多くいることでしょう。

 

 

しかし!

 

 

HFT(超高速トレード)や

似たような事を行っているトレーダーには、

このコンマ数秒が億になるか0になるかなのです!

 

 

その為、

トレーダー達は何を行っているのかと言うと、

ユーザー側プラットフォームを利用せず

この業者側プラットフォームを利用している訳です!

 

 

それでは実際に先ほどの流れを例にしてみましょう。

 

 

同時にUSDJPY 100.00を購入した場合、

 

 

取引ボタンポチっ! → 

ユーザー側プラットフォーム(MT4など) → 

業者側プラットフォーム  → 

100.001で約定

 

 

取引ボタンポチっ! → 

業者側プラットフォーム  → 

100.000で約定

 

 

ユーザー側プラットフォームを使ないだけで

コンマ数秒違ってきます。

 

 

その為、注文が早い方が良いレートを取れてしまう訳ですね。

 

 

これを1000回、10000回、100000回・・・・

 

 

とやっていくと結果的にコストが安くなり、

その分利益に換算する事ができます。

 

 

他にも約定までの時間を短縮する方法としては

 

 

・ 業者の約定サーバーの場所を特定し

  出来るだけ近くに自分のサーバーを置く。(内部の人間でも知らない人の方が多いです)

・ サーバーのLANケーブルを極限まで短くする。

・ LANケーブルを特注する。

 

 

などの時間を短縮する方法は多々あります。

 

 

まぁどれも情報も仕入れなければならないし、

本格的にやるには費用も掛かるし困難な道ですが^^;

 

 

ただし成功してしまえば億は簡単に見えてしまいます。

 

 

3. 自分や仲間内専用のFX業者をライセンス無しで作る事も可能

 

 

↑の業者側プラットフォームを使う事が出来るので、

MT4やCtraderなどのプラットフォームを繋げれば

自分や仲間内専用のFX業者の誕生です。

 

 

もちろん金融ライセンスを取得していないのであれば

営業はしてはいけませんよ!

 

 

メリットは、

 

 

・ 自分名義の銀行口座に入金してFX口座に反映させる事ができる

・ 信用できる身内なら良く分からない海外FX業者に預けるよりも安全

・ 海外の金融ライセンスを取得すれば営業可能

 

 

デメリットとしては、

 

 

・ MT4やCtraderなどのプラットフォームを使う場合は初期&継続的なコストが掛かる

・ 持ち逃げ

 

 

こんな所でしょう。

 

 

ちなみにFX業者を作るのは案外簡単なのですが、

維持が面倒だったりするので

詳しい方を1人入れた方が安全に運営出来ていいと思います。

 

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

もっと詳しい事を書こうと思ったのですが、

あまりにも長くなってしまうので

補足はメルマガを作った時にでも流そうかなと思っています。

 

 

記事はザックリと、

メルマガはかなりディープな内容に

分けていこうかなと考えています(笑)

 

 

次回はIA経由で口座開設する為の

条件について記事を書いていきます!

 

 

お楽しみにっ!

 

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!