裏技・HFTは速度が命!3つのレート取得方法の解説

 

前回はFX業者の仕組み・内部構造を解説しましたが

本日は最速のFXレート取得方法について解説していきます。

 

 

裏技・HFTと言えばとにかく

 

「速度が命」

 

レートの取得・管理・叩くスピードなどなど

どれを取っても速度が最優先なんです。

 

 

で、今回はレートの取得方法をピックアップします!

 

 

では、早速。

 

 

レート取得方法といっても様々な方法がある訳ですが

その中でもよく使われている方法を紹介します。

 

 

 画像認識

 

書いて字の如く

取引プラットフォームに表示されている画像を

数字としてツールに認識させる方法です。

 

 

かなーり昔になるのですが

裏技を扱えるプログラマーがほとんどいなかった時代は

この方法を使っていました。

 

 

数字をドンドン拡大していくと

ドットの集合体になるんですが

ドットのパターンに分けて数字としてツールに認識・判断させる

みたいな感じです。

 

 

ただし、業者側もこの部分は不定期に対策してきたりします。

 

 

例えば

人間の目だと何も変わってないように見えるのですが

ドット部分を若干ずらして指定の数字と認識できないようにしてきたりとか。

(こっちが修正するのも一苦労)

 

 

ちなみにめちゃくちゃ大変な作業の割に

レート取得方法としては最遅なので現在はほとんど使っていません。

 

 

ただし、プログラミングが出来なくても

ある程度作れちゃったりするので知識0の場合はやってみるのもいいかも。

 

 

昔、UWSCという画像認識ソフトを使ってWebブラウザゲームやスマホゲームの

自動で周回・レベル上げするツールを僕自身作った事あります(笑)

 

 

 スクレイピング

 

 

ざっくり言えば

取引画面に数字が表示される前に

レート情報を途中で抜いてしまう方法です。

 

 

これは図で見た方がわかりやすいと思うので上記図を参考までに。

 

 

つまりは人間の目やツールを使って取引画面からレートを取得するよりも

スクレイピングした方がレート取得は確実に早くなるのです。

 

 

図を見るとちょっとの差に見えるかもしれませんが

このちょっとした差が大事な訳で

数多いるライバルよりも0.1秒でも早く処理できちゃえば

冗談抜きで億万長者になれますよ(笑)

 

 

ただし、各業者毎にスクレイピング対策の

暗号化がされており簡単にはスクレイピングは出来ません。

 

 

更に言えば業者も不定期に暗号を変えてくるので

その都度暗号化を解かなければならず結構時間が掛かってしまったり。

 

 

この部分も業者とのイタチごっこになる所ですな。

 

 

 FIX API

 

 

ざっくり言えば

銀行とLPを繋いでいるシステムベンダーから

直接レートを引っ張ってくる事ができます。

 

※ LPやシステムベンダーってなんぞや?という方は下記記事参照

⇛ 業者運営、大口・裏技トレードするなら「FX業者の裏側の仕組みを知るべし!」

 

 

上記でお伝えしたスクレイピングは

レートが取引画面に入ってくる所を途中で抜いてしまうという方法でしたが

FIX APIはレートが配信されてくる「根本」から取得しています。

 

 

つまりは無駄なシステムを仲介しなかったり

LPが出しているレートの位置と変わらないので

 

「FIX APIこそ最速レート取得方法になる」

 

という訳ですな。

 

 

そもそもFIX APIとは

金融業界専用のプログラム言語で

業者内部のツールを繋いだり

独自のプラットフォームを作る事や

HFT(高頻度取引)をするような

いわゆる金融業界のガチプロ勢が主に使っています。

 

 

もちろん僕達みたいな裏技トレーダーも

FIX APIを使ってなんやかんやしていたり。

 

 

そのマニアックさと勉強資料が非常に少ない為

世界でも扱える技術者は極小数と限られていたりするのです。

 

 

ちなみに。

日本のFX業者は基本的にFIX APIを開放していません。

 

 

一昔前まではあったんですが

どのFX業者も中断したりひっそりと消していたり。

 

 

なぜなら

提供側がFIX APIを提供するだけでも非常にコストが掛かったり

裏技系やHFT系をやられるとカバー先の銀行に嫌がられる事が多く

銀行からめちゃくちゃワイドスプレッドてレート提示されたり

そもそもリクイディティ(注文)の提示さえしてこなくなっちゃうからなんです。

 

 

ざっくり言えば

 

「FIX API使わせてもFX業者には不利な事しかないっ!」

 

という訳なのです。

(使い方次第ではノーリスクで業者は大儲けする事は出来るのですが)

 

 

そんなこんなで表向きには出してないのですが

やっぱり存在するのが裏メニュー。

 

 

実はFIX APIを開放している

日本のFX業者さんも未だに結構存在していたりするのですよ。

 

 

ただし、一見さんお断りで

紹介者や直接面談しても開けるかどうかは正直微妙な所なのですが

開けたら超ラッキーと思ってください!

 

 

ちなみに

とあるシステム外注業者では

某FX業者のFIX APIのレートを取得するのみで

「500万円」請求しているそうな。

 

 

これが高いか安いかは当事者次第なんですが

そのぐらいに特殊で専門的な方法だと考えてください。

 

 

 FX・バイナリーオプション以外ならワンチャンある!?

 

 

レートの取得方法は実はまだまだあるのですが

これはあくまで公に言える範囲内の話です。

 

 

で、大まかに分ければこの3つなのですが

 

 

「実際問題これで裏技は可能なのか!?」

 

 

というと、そんな甘い話でもなく・・・。

ソフトやFIX APIはあくまで1つの部品に過ぎないんですよ。

 

 

レート取得先の検証・サーバー・場所・環境・プログラマーの確保など

掛かるコスト・時間・手間など諸々

まだまだ必要な物・やらなければいけない事は盛り沢山なんです。

 

 

ここまで揃えてやっとこさ

裏技・レイテンシー・アービトラージ

などなど出来る訳ですな。

 

 

なので、ネット上でこういった種類の情報商材を買って

誰もが・簡単に・すぐに出来る・すぐに稼げるっていうような

代物じゃないんです。

 

 

みんなめちゃくちゃコスト・手間・時間を掛けて

裏技に適した環境を各々揃えている訳で。

 

 

まぁお金持ち・コネクション持ち・優秀な技術者限定の手法でしょうかね。

 

 

・・・しかし。

 

 

これはあくまでマイクロ秒単位の戦争になる

FXやバイナリーオプションなどに限ってのこと。

 

 

仮想通貨ならば

まだまだ目視・手動・コスト無しでさえも裏技が可能です。

 

 

なのでどうしても利益を出しやすい手法や裏技を行いたいのであれば

毛嫌いせずに仮想通貨も見てみるべきでしょう。

 

 

ガチプロ勢に囲まれてマイクロ秒を競うスピード勝負をするよりも

まだまだチャンスは溢れてますよ!

 

 

仮想通貨関連の裏技であれば

今後のメルマガでもちょいちょい載せてく予定ですのでお楽しみに\(^o^)/

 

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!