マレーシアに移住したらどうなのか!? タイ移住と比較してみた編

 

 

タイに移住関連でこのブログに流れ着く方が多いようですが、

タイばかりではいささか寂しいと思い

他の国の情報も出しますかね。

 

 

ってな訳で本日はマレーシアに関して。

 

 

実は昔マレーシアにも

ちょっとだけ住んでいた事があります。

 

 

と言ってもかなり田舎の

「ジョホールバル」という所ですが。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-15-%e5%8d%88%e5%be%8c19-51-27-%e5%8d%88%e5%be%8c

 

 

場所は↑の地図のシンガポールのすぐ隣(赤枠)なのですが、

最近また用事で行ったものの

10年前とほぼ変わらないままの状態だった繁栄の無い街。

 

 

マレーシアは大きな計画を立てては

頓挫がしょっちゅうの常習犯で

2006年にイスカンダル計画という大層な都市計画を建てたものの、

ぶっちゃけ全然進んでおりませぬ。

 

 

首都クアラルンプールはシンガポールや都内と

全く変わらないぐらいの大都会なのですが

ちょっと離れれば一気に何もなくなるのがマレーシア。

 

 

そんなジョホールバルですが、

移住を検討している方の為に情報をお伝えしていきましょう!

 

 

マレーシア(ジョホールバル)の物価

 

 

物価は全体的に非常に安い!

大体日本の3分の1程度。

 

 

地元民が行っているような所のご飯なら

300円ぐらいだったでしょうか。(カレーは美味い!)

 

 

ジョホールバルからシンガポールまでの直通バスもあるのですが、

確か100円ぐらいで行けちゃいます。

タクシーだと片道3000円ぐらいだったかな。

 

 

そして200㎡ぐらいのコンドミニアムの部屋を借りても

7万円ぐらいしか払ってなかったと思います。

 

 

とにかく基本何でも安い!

お金が減らない!

 

 

ただしその分サービス・質などは全体的に低いです。

 

 

治安

 

 

ジョホールバルは治安が悪いと言われていますが、

僕自身夜とか普通に出歩いていましたが

特に危なそうな雰囲気はありませんでした。

 

 

が、男1人の話なので、

女性や子供がいたら別物の話。

 

 

マレーシアに限りませんが誘拐されて

売り飛ばされるなどは海外では当たり前です。

 

 

それよりも放し飼いの犬が大量にいたりするので、

そっちの方が個人的には危なく感じました(苦笑)

 

 

スーパーやコンビニも家から離れていたり、

そういった放し飼いの犬などもゾロゾロいるので

車移動は必須かも。

 

 

環境

 

 

毎日気温30度以上はあり湿気もあるので、

日本の梅雨の気候が1年中続いている感じですね。

 

 

さらに毎日というぐらいに突然のスコール&雷もあり、

その雨の量と雷は一見かもしれませぬ。

 

 

振り始めたら10分もせずに路上は水で溢れ、

雷は落ちた瞬間視界が真っ白になるなんてことも珍しくありません。

ちなみにマレーシアの雷事故死は世界でもトップクラス。

 

 

更にはインフラが弱い為、

停電は頻繁に起こりますし

水道が停止したりと

生活に必要なものがストップしたりする事も多々。

 

 

・・・正直環境に関しては良いところが見当たりませぬ(苦笑)

 

 

ビザ

 

 

まずマレーシアに住むには

「MM2Hビザ」

というビザを取得しなければなりません。

 

このMM2Hビザの概要ですが

 

・10年間住めて(延長可)

・滞在義務が無い(住まなくてもOK)

・家族も同行可能

・相続税が無税(条件あり)

・所有者一台のみ無税で持ってこれる

 

という規制がほとんどない素晴らしいビザです。

 

こんなにフリーダムなMM2Hビザの取得条件ですが、

実はめちゃめちゃ敷居低いです。

 

■ 50歳以上の場合

 

・ 最低35万リンギット(約1200万円)以上の財産証明と

月額1万リンギット(約35万円)以上の収入証明又は年金証明が必須。

・ 仮承認がおりた後はそのうちの15万リンギット(約500万円)を

マレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

・ 2年目以降は医療費、家の購入、

同行した子供の教育費目的に5万リンギット(約170万円)を引き出す事が可能です。

 

■ 50歳未満の方

 

・ 最低50万リンギット(約1700万円)以上の財産証明と

月額1万リンギット(約35万円)以上の収入証明が必須。

・ 仮承認がおりた後はそのうちの30万リンギット(約1000万円)を

マレーシアの金融機関に定期預金する必要があります。

・ 2年目以降は医療費、家の購入、同行した子供の教育費目的に

15万リンギット(約500万円)を引き出す事が可能です。

 

 

たったのこれだけの事を満たせば、

後は取得サポート会社に20万円+マレーシアまでの渡航費

ぐらいで取得できたりするんです。

 

 

ちなみに以前は月額30万円以上の収入証明は必要なかった気がするので、

もしかしたら徐々に審査基準が高くなっているのやもしれませぬ。

 

MM2Hビザのデメリットとしては

定期預金を強制的に行わなければならない事ですが

マレーシアの金利は年3%ぐらいなのでそこまで悪くはありませんね。

(1年後には条件付きですが半分戻せます)

 

 

タイと比べてみて

 

 

日本と比べると物価以外は日本の大勝なので、

同じアジア圏のタイと比べてみます。

 

 

物価 : 若干マレーシアの方が安い

食事 : タイの方がバリエーション豊富で美味しい

環境 : タイの方がインフラが安定している

治安 : タイ(最近タイの王様が亡くなったのでその影響がどうなるか)

サービス : タイ

ビザの取得しやすさ : タイの方が取得しやすい(エリートカード)

住みやすさ : タイ

 

 

・・・あれ?

 

 

タイの方がほとんど勝っとるやんけ/(^o^)\

 

 

ぶっちゃけマレーシアが

タイに勝ってる点が中々思いつかない(笑)

 

 

強いて言えばシンガポールに近い事や、

MM2Hビザを更新しながら

マレーシアで一生暮らしていける事ぐらいでしょうか。

 

 

定期預金も3%ぐらいと高いですし、

億あれば食いつぶしても死ぬまでそれなりの暮らしは出来そうです。

 

 

後は家が安いので借りるか買って、

ジョホールバルを拠点にして世界中を回るというのは利口な手かと。

お隣のシンガポールは世界のハブ空港なのでほとんど直行便でてますしね。

 

 

まとめ

 

 

何度か書いていますが、

「お金が無いから物価が安い国へ移住する」

 

 

という目的で移住するのは

やってはいけない大きな間違い。

 

 

海外ではお金が全てのステータスなので、

何か事故や病気にあった場合に緊急で運ばれても

お金がないと分かれば拒否され、

あったとしても多額の金銭を要求されます。

(海外は医療費がべらぼうに高い)

 

 

更には老後であれば、

日本のような整ったきめ細かいサービスなど皆無なので、

体力が衰えれば衰える程生活もキツくなっていきます。

 

 

いくら入念なお金の計画を立てても

その通りに行かない事は多々あり

お金がなくなれば誰も助けてはくれず、

最終的には日本へ撤退という流れに。

(お金がなくなっても日本へ戻れる!という保険は強いですな)

 

 

というよりもお金=メンタルなので、

使えば使う程削られていくので

想像以上の楽しい生活とはいかないでしょう。

 

 

 

逆に、

 

「お金があるからこそ物価が安い国へ移住する」

 

というのは断然ありです!

 

 

例えば日本で月50万円の支出をしている場合は、

 

タワマンに住む

ほとんど家で食べる

たまにの外食

月1の旅行

 

このぐらいで終わってしまいます。

 

 

しかしタイやマレーシアの場合は、

 

 

住み込みメイドを雇う

運転手を雇う

コンドミニアムに住む

月に4回近場を旅行

毎日外食

などなど。

 

 

ここまでやってもおつりが少し返ってきてしまう訳です。

 

 

「今あるお金を切り詰めて暮らしていく」

 

という事と、

 

「今の支出を変えずに最大パフォーマンスを叩きだす」

 

似てるようで実は全く異なる考え方なんですな。

 

 

ちなみに僕の場合は

いろんな国に住んできたからこそ感じるのですが、

 

ぶっちゃけ1ヶ月住むぐらいで十分じゃね?

 

と思ってしまいます。

 

 

 

 

移住を計画している場合は

短期移住(1ヶ月前後)を事前にしてみた方がいいでしょう。

 

 

恐らくそれで満足します!

日本がどれだけ暮らしやすいか

整っているのか改めて再認識できるはずなので。

 

 

参考になれば幸いです\(^o^)/

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!