タイ法人設立までの道のり  最終話 結論編

 

 

 

荷物も無事に日本に送る事ができ、

シンガポールに一旦よって観光ビザをリセットさせて、

現在タイのリゾート地・クラビ島にいます!

 

 

この船で島まで送迎してくれます↓

S__950343

 

S__950310

ホテル内は広いのでカート移動↓

S__950312

 

2階建てを独占↓

S__950315

2階のベッドデカ過ぎ。キングベッド2つ分ぐらいあります↓

S__950317

お風呂から除く景色はある意味絶景。

S__950318

 

 

Rayavadee(ラヤバディ)という所に宿泊しているのですが

お風呂からもベッドからも

森林を眺めながらゆったりと

寝れたりして心地いい場所です。

 

 

ちなみに今この記事を書いている途中に

森林に生息する小猿にマウスをパクられました(笑)

 

 

基本森林の中にホテルがあるので木の上に小猿が潜んでます↓

S__950314

 

 

食べ物を食べているとヒョイっと持ってかれる事が日常茶飯事で、

ラヤバディ内のレストランには

小猿防止の部屋もあったりするぐらいです。

 

 

小猿防止用にガラスケースに覆われた部屋があります↓

S__950321

 

 

寝ている時もたまーに屋上をトントンと走っている音が聞こえたりして、

中々面白い体験をさせてくれます。

 

 

ラヤバディに関しては今後記事にできたらしようかなと思います。

 

 

ただ非常に残念な事があり、

タイに住んでいた時もリゾートチックだったので

完全に慣れてしまっていた自分がいました(苦笑)

 

 

 

こればかりは仕方ないですな。

 

 

 

 タイに移住を実践した上での結論

 

 

さてさて、

タイ移住の結論です。

 

 

タイで実態のあるビジネスを行う場合は、

ワークパーミット

 

 

生活をしたいだけの場合は

3ヶ月の観光ビザの間だけ暮らす 

又は

3ヶ月暮らしてからエリートカード購入

 

 

という結論に至りました。

 

 

移住する為だけの為にワークパーミットを取得する事は

コロコロ変わる規制で後々支障がでるかと思いますし、

何よりも無駄なランニングコストが掛かり過ぎます。

 

 

どうしても住みたい!という方も

3ヶ月の観光ビザがあるので

まず3ヶ月間はタイで暮らしてみてから

エリートカードを購入するかしないか判断した方がいいですね。

 

 

大方の人間であれば恐らく

 

 

「タイに飽きたり、日本に帰りたくなる」

 

 

はずです(笑)

 

 

少なくとも僕はそうなりました。

 

 

1年の内に何回か訪れるぐらいが

やはりBestな選択という結論です。

 

 

移住はぶっちゃけどう思ったか?

 

 

よく定年後に物価の安い国に移住したいという方を見ますが、

それだけで決めるのは絶対やめた方がいいと断言します。

 

 

旅行と移住では何もかもが雲泥の差なんです。

 

 

生活・環境・人・場所・対応・サービス・・・・。

 

 

タイが日本に優っているのはぶっちゃけ生活費だけでしょう。

 

 

それも今ではタイ経済がどんどん成長しているので、

その分物価も年々高くなってきています。

 

 

生活費がもしも日本と同じぐらいになってしまったら

もうタイを選ぶ理由がどこにもありません。

 

 

帰る事が出来るから旅行は楽しめるのであり、

簡単に帰れない状況を作ってしまっては

それは現状を悪化させているだけで

ただのドMに過ぎないのです。

 

 

 それならばビジネス方面はどうか?

 

 

移住はないなぁと思う反面、

ビジネスではまだまだワンチャンあると思います!

 

 

飲食系はもちろんの事、

まだまだ発展途上のインターネットビジネス関連、

輸出入、駐在員向けのサービスなど、

まだまだ入る余地はありそうでした。

 

 

タイは現在かなりの日本ブームなので、

扇子やかんざしなど上手く宣伝すれば

一代ビジネスに化けそうな気がします。

 

 

場所取らない・利益率高い・ローリスクハイリターンを見込めるという

三拍子が揃っていますしね。

 

 

まぁ面倒なので僕はやりませんが(笑)

 

 

僕の友達もタイには注目していて、

整骨院・ラーメン屋を現在準備しているそうですが

初期コストがあまりにも安くてビビったそうな。

 

 

ただ一番の難点は人材。

 

 

タイ人は3ヶ月勤めたら御の字のようで、

人材の変わるスピードは日本人には到底イメージがつかないとの事。

 

 

更にはちょっとした説教で、

次の日にはこなくなったり、

仕事の率は悪いのに給料上げろと毎日言われるとか。

 

 

とにかく日本人に比べて扱いづらいようです。

 

 

ただ人材さえ上手く回せれば

タイドリームが掴める事は難しくない気がします。

 

 

1年間のタイ生活を終えて

 

 

さてさて、衝撃の結末を迎え、

約1年間のタイ生活が終止符となりました。

 

 

屋台のコスパに衝撃を受けた事

あまりの家の広さに困惑した事

期待していたベランダが蚊が多すぎて全然出れなかった事

都会には無い木々の中で生活できた事

訪ねてくる日本の友達に何でタイにいるのにそんな白いの?と言われた事

日本からの荷物が関税で止められて3ヶ月後に受け取った事

エアコン・電気コンロが一気に壊れ修理を依頼したのに1ヶ月こなくて大家と喧嘩した事

嫁がまさかの妊娠した事

最後にトラップカードを仕掛けられた事(笑)

 

 

などなど沢山の感じる事・体験できた事、

どれも総じて楽しみながら暮らしていけたのが一番でしたね!

 

 

もう今はタイに住もうなどとは微塵も思いませんが、

旅行としてまた行きたいなと思うぐらいに楽しい国です。

 

 

また生まれてくる子どもと一緒に訪れられたらと思います。

 

 

そして日本の素晴らしさがまた一段と知れて本当に良かった。

 

 

やはり日本は世界一幸せな国だと再認識です。

 

 

・・・さてと。

 

 

次はオランダに住んでみるかな!(笑)

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!