タイ法人設立までの道のり その7 ワークパーミットの行方は・・・!?

 

 

前回会計事務所の情報不足で

必要書類が提出出来ず

このままワークパーミットが取得できなければ

1週間以内にタイから出国しなくてはいけないという緊急事態に。

 

 

ワークパーミットははたして無事取得出来るのか・・・。

 

 

 最後の切り札を受け取りに

 

 

前回のワークパーミットが取得出来なかった日に、

その後病院に直行していました。

 

 

実は僕の嫁は妊娠しており、

タイで出産予定だったんです。

 

 

そこで担当の先生に

 

 

「この妊婦は妊娠初期のため、

飛行機には乗れません。」

 

 

という一筆を書いてもらい、

 

 

「タイから出られない」

 

 

という証明を作りました。

 

 

会計事務所の策は

まずはこの書類でBビザの更新を行い、

滞在できる期限を1ヶ月伸ばして

その間にワークパーミットの件を進めるという事でした。

 

 

ちなみにタイの病院は日本の病院よりも最新技術が集結しており、

人間ドックなどはわざわざタイまで出向いて行う日本人の方も多いのです。

 

 

東京ミッドタウンにある人間ドッグ機器よりも最新の機材が使われていたり、

価格も半額程度だったりします。(タイ旅行してもおつりが出ますよ!)

 

 

その際に会計事務所のタイ人スタッフが同行し、

タイ語で先生に説明していたのですが

これが「最大のトラップ」になるとは・・・。

 

 

 トラップカード発動!

 

 

午前中にまたまたイミグレに到着。

 

 

今日は上着も準備し、

防寒対策は万全です。

 

 

そして会計事務所の日本人も来るとの事で現地集合。

 

 

ちなみに30分の遅刻をかましてくる。(落ち着け落ち着け冷静に・・・。)

 

 

さて、気を取り直して面談です。

 

 

昨日と同じ面接官だっただけに話は早く、

妊婦だから飛行機や長期間の移動は出来ない都度を説明し、

早くにも切り札の先生の一筆書類を提出。

 

 

OKOK!と、

とりあえずはどうにかなるかな〜というような反応。

 

 

さっそうと立ち上がって、

書類を上司に見せに行く途中で動きが固まる。

 

 

「この妊婦は健康そのものです。

 

飛行機や長距離移動は全くもって問題ありません!

 

・・・って書いてあるわよ。」

 

 

お互いフリーズ。

 

 

・・・はぁ!!??

いやいやいやいや意味がわからん。

はい、元気です!

なんて一々書いてもらってどうすんねん/(^o^)\

 

 

後ろを見ると日本人担当とタイ人スタッフがボソボソと。

 

 

タイ語なので何を言ってるかわかりませんでしたが、

表情で何となくわかります。

 

 

「ぁ、こいつ間違いやがったな」

 

 

まさかのこの場にきて

最大級にして最後の罠が発動しました。

 

 

実は病院の先生に

 

 

「この妊婦は正常です、

飛行機にも乗れますと書いてください!」

 

 

とそれはそれは一生懸命伝えていたのです。

 

 

なんちゅうネタを仕込んでくれやがるんだコイツは!!!

 

 

まさに遊戯王並のトラップカードが発動!

 

 

タイ語の資料だったので確認出来なかったのがアダとなりました。

 

 

もちろん押し問答となりましたが、

書類が受理される事は

残念ながらありませんでした。

 

 

・・・いやぁ・・・

実にあっけない最後となりました(笑)

 

 

後一歩の所まできていたのですが。

 

 

これにてワークパーミット取得を断念し、

タイを撤退する事が決定。

 

 

この日から1週間以内に/(^o^)\

 

 

 怒りに狂う嫁

 

 

その帰り、

会計事務所の人間たちに怒り狂う嫁を初めて見て、

逆に冷静になった自分がいました(笑)

 

 

淡々と今までの経緯を話し、

とりあえずは会計事務所に払った

半額返金という事で話を終わらせましたよ。

 

 

全額じゃない事に納得いきませんでしたが

早く話を切り上げないと

怒り狂う嫁の妊娠二ヶ月の子に影響あるかもしれないし。

 

 

やる事をやってもらい

誠意を尽くして最後までやってくれていたら

「仕方なかったね」

で済んだ話なんです。

 

 

やる事も満足にできず、

「ごめんなさい・申し訳ない」

という言葉さえ今まで一つもなければ

そりゃブチ切れられて当然だわな。

 

 

 

 そのまま引越し作業へ

 

 

家に帰って速攻タイのヤマトに電話し、

日本に荷物を送る引越し作業を開始。

 

 

それ以外にも

 

 

自宅の解約

オフィスの解約

法人廃棄

などなど

 

 

・・・もうドタバタです(笑)

 

 

ただぶっちゃけタイには1年住んで

飽きてきていたというのもあったり、

妊娠が予定外だったので(嫁は子供ができにくい体でした)

日本に戻るか悩んでいたし、

これも良いキッカケだったのかなと思います。

 

 

という訳でこれにてワークパーミットを取得し、

タイで生活していく事は終了。

 

 

気晴らしにタイの島をいくつか回ってバカンスを楽しみながら

日本に帰ろうと思います\(^o^)/

 

 

ちなみに、

もしも書類が受理されていれば

法人口座を作ってそのまま事業が開始できますので、

このシリーズの記事はタイでビジネスや生活をしていきたい!

という方の参考にもなるかと思います。

 

 

次回タイの実践シリーズの結論編です!

 

 

このシリーズ最後の話となりますのでお楽しみに♪

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!