タイ法人設立までの道のり その6 いざ!ワークパーミット取得へ!

 

健康診断を事前に行い、

本日いよいよワークパーミット取得の為にタイのイミグレーションに向かいます。

(↑はイミグレの外観の写真です。)

 

 

会計事務所の方に

書類や必要なもの全て渡していますので、

手ぶらで行っても大丈夫です。

 

 

 

さてさて、

イミグレの中に入って真っ先に思った事。

 

 

「さぶっ!!!!」

 

 

エアコンで言えば18度級。

 

 

寒がりって訳ではないのですが

ダウン持って行ってもいいぐらいにヒエヒエ状態。

 

 

これはある意味厳しい戦いになりそうだ・・・。

 

 

朝一に着いたのですが、

既に長蛇の列。

 

S__950286

S__950290

 

待っている間に書類にもサインしておきます。

 

S__950288

 

待つこと2時間。

 

体は芯から冷え切ってしまう中での

面接官との戦いが始まりました。

 

 

 面接官からの怒涛の質問(全部英語)

 

 

・ なんでタイにそんなに長くいるの?

(他の国を行ったりきたりしていたので不法滞在者じゃないかと怪しまれた)

 

・ この人達の名前は何?

(従業員の写真を見て一人ずつ)

 

・ この人の電話番号知ってる?今掛けて確認するね。

(電話番号控えてなかったらまずかった)

 

・ どんな仕事してるの?それってタイじゃなきゃできないの?

(Webサイトなどを見せて説明)

 

・ なんで机が5人分ないの?

(大きな机を買ってごまかそうとしたのがあだになった)

 

・ なんでパソコンが一人一台ないの?

(買付担当とネット担当が分かれていると説明)

 

 

・・・などなど。

 

 

ある程度答えを用意してないと咄嗟に答えられないかもしれないので、

準備は入念に。

 

 

恐ろしいぐらいに

一つの事に対してめちゃくちゃ細かくツッコまれます。

 

 

挙句の果てには従業員に電話までして確認する始末。

 

 

口裏合わせてなかったら一発アウトですな。

 

 

 

その1時間の面談の末、

 

 

「OK!今から審査するから待ってて!」

 

 

との事で勝利を確信。

 

 

2ヶ月の長いアリバイ作りの戦いがやっと終わったんや・・・。

 

 

そう思ってた時期が僕にもありました。

 

 

 まさかの撤退の危機に

 

 

そのまた1時間後に呼ばれ

めちゃくちゃ素敵な笑顔でこう言われました。

 

 

「2ヶ月分の実際の売上を証明出来ないと

ワークパーミットは発行できません♪」

 

 

あ〜そうなんだ〜。へ〜。

 

 

・・・ん?どゆこと?

 

 

「ワークパーミットないと

法人として営業したらあかんやんけっ!」

 

 

そう伝えると、

 

 

「規則ですから。」

 

 

とピシャリ。

 

 

その後押し問答は続いたのですが、

全く話が進む気配はなく。

 

 

急いで会計事務所に連絡すると、

 

 

「ぁ、最近追加された規則かもしれないですねぇ。」

 

 

・・・いやいやそんぐらい事前に調べておくべきでしょうが・・・。

 

 

 

このBビザの期間に、

タイ法人・または個人で2ヶ月の売上を作り、

その売上の証明を作らなければならないとの事。

 

 

つまりは

 

「銀行口座に売上と証明できる

入金履歴を2ヶ月前から作っておけばOK」

 

だったのです。

 

 

・・・ほとんどの人がBビザの間に実際の売上作るなんて

不可能じゃないでしょうか(汗)

 

 

やはりここでも無理やりアリバイを作らなくてはいけなかった訳です。

 

 

 会計事務所の選択をミスした・・・

 

 

・・・実はこの会計事務所、

細かなミスの連発や連絡が取りづらく、

ヤバそうな雰囲気が前々から出ていたのです。

 

 

日本人の担当という事もあって

最初は丁寧で良かったんですよ。

 

 

ただBビザを取る前後から連絡が無くなって

シンガポールにBビザ申請を2日以内に取りに行ってくださいなどと急に言ってきたり、

こちらから毎回連絡をいれなければ連絡がなかったり(出ない時の方が多いですが)

書類のチェックや確認の内容を毎回こちらがメールで送ったりと

どっちが業者の対応なんだという感じに。

 

 

そして写真撮影・健康診断・ワークパーミットの取得などなど

実はBビザ取得後2ヶ月半後に行ったのです。

 

 

Bビザの期間は3ヶ月しかないのでその間に取らなければならないので、

超絶ギリギリ。

 

 

こちらは毎回早く進めてくれと頼んでいるのに

相手方はノホホンとして中々動かない。

 

 

海外でビジネスをしている日本人で

ここまで行動が遅い日本人は珍しいと感じます。

 

 

海外で仕事をしているという事は、

それなりのやる気と行動力がついてくるものです。

 

 

サイトもしっかりと作成してあったり、

サイト情報も一番濃いものを選んだつもりでしたが・・・。

 

 

・・・まさかの選択ミス(苦笑)

 

 

 

 

もしもこのままワークパーミットが通らなければ

 

 

「1週間以内にタイから撤退」

 

 

しなければならない事態になりました。

 

 

 

「策は一つだけあるので明日私も同行するので

もう一度イミグレに行きましょう」

 

 

との事で明日また行く事に。

 

 

僕達はその夜

荷物を整え始めました/(^o^)\

 

 

 

 

 

 

  世界を自由自在に駆けまわったり
ストレスフリーなひきこもり生活をエンジョイする為には


「世界のドコにいても何をしていても稼げる仕組み」


が絶対的に必要です。

   
この仕組みの話に関しては基本はブログに載せていきますが
どうしても表では出せない「裏情報」はこちらのメルマガで赤裸々に語ります!